鍼灸治療acupuncture

茨木はなおか整骨院の鍼灸治療

鍼灸の適応 <WHO(世界保健機関)>

鍼灸の効果の研究は、各地にある研究所、医療機関、鍼灸大学、短期大学などで意欲的に進められております。総合的には、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、ひいては、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけるのではないかと考えられています。

鍼治療

一般に、鍼灸療法は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気に効果があります。

茨木はなおか整骨院が考える鍼治療の効果

人間の体は異物が体内に入ると、異物を体の外に出そうと防衛反応が起こります。
鍼は異物と体は感じるため、このメカニズムが働き、鍼治療は免疫力を上げるといわれています。
凝り固まった筋肉に鍼を刺すことにより、異物が入ったと脳が反応して、緊張している筋肉を緩め、免疫反応を出して本来の自然治癒力を出してきます。 筋肉の緊張が取れると、血液循環がよくなり体温上昇し、体内の細胞に酸素が行き渡り、体内の老廃物が排出されます。そして、新陳代謝が上がることで、疲労 感や痛みが軽減し、消失します。
鍼治療後にだるくなることはありますが、これは鍼治療により体の中が反応したからです。薬の副作用とは違い、自分の体内の中にあるものが反応していることで、体に負担がかかりません。
鍼治療に反応したということです。

灸治療

お灸と聞いて、皆様はどのようなお灸を想像するでしょうか?
田舎のおばあちゃんがしていたお灸。
悪いことをしてすえられたお灸。
当院のお灸は、肌に直接しないタイプなので(台座灸)、温かく、火傷になりにくいです。血流をよくして、筋肉をほぐし、痛みを和らげます。

茨木はなおか整骨院が考える灸の効果

お灸は熱が体に浸透していきますから、関節の痛みがある人や、筋肉の痛みがあるひと、生理痛や膀胱炎といった症状に効果があるといわれています。
お灸によりなぜその効果があるのかというと、お灸は火をつけて熱を持ちますが、この熱がツボを刺激してくれて、体の中の気や血液の流れを良くしてくれます。
ですからお灸の効果は他にも、冷え性の諸症状や、肩こりや腰痛、婦人科の悩みにも効果があるといわれています。
それだけでなくお灸の効果として、免疫力アップ、病気の予防改善、体質改善にも効果がありますので、1度ではなく定期的に通うことでより効果を実感できます

鍼灸の適応例

NIH(米国 国立衛生研究所)は、鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として有効であると発表しました。
WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次のものを挙げています。

神経系疾患

◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

運動器系疾患

関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

循環器系疾患

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

呼吸器系疾患

気管支炎・喘息・風邪および予防

消化器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

代謝内分秘系疾患

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

生殖、泌尿器系疾患

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

婦人科系疾患

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

耳鼻咽喉科系疾患

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

眼科系疾患

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

小児科疾患

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

上記疾患のうち「◎神経痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・◎腰痛」は、わが国においては、鍼灸の健康保険の適用が認められています。