ブログ blog

PAKU6471_TP_V

一言に腰痛と言っても、その種類はたくさんあります。

あなたが悩んでいるその腰痛は何が原因で痛みが出ているか知っていますか?

腰痛の85%は原因不明だという風に言われています。

しかし、実際には原因はあるが、どの原因で腰痛になっているのかがわからないという言い方が正しいでしょう。

腰痛が治らずに長い間辛い思いをしている方はたくさんおられます。

そうなる理由は腰痛の原因が正しく掴めていないことに尽きます。

腰痛治療はまず初めになぜその腰痛が出ているのかをはっきりさせることから始まります。

比較的簡単に改善できてしまう腰痛から、医師の診察が必要になるまでのものまで幅広く、素早く正しく原因を

把握するべきでしょう。そこで今回はあなたの感じている腰痛の痛みの原因はなんなのか?という所について

種類別の腰痛を徹底解説していきたいと思います。この記事を読んであなたの腰痛原因の特定の参考になれば

幸いです。

 

 

たくさんある腰痛の種類

FBPAKU3311_TP_V

腰痛にはたくさんの種類があり、特定するのは簡単なことではありませんが、それぞれの腰痛の特徴を

詳しく把握すればあなたの腰痛の正体も掴めるでしょう。

以下にそれぞれの腰痛の種類を解説していきます。

 

 

腰部椎間板ヘルニア

脊柱(背骨)を構成しているものに、椎体(骨の部分)と椎間板(クッションの部分)があります。

椎体と椎間板は交互に配列していて、椎間板は身体にかかる負荷を受け止めるクッションの役割をしている

ものになります。写真では椎骨に挟まれている黄色い部分が椎間板になっています。

IMG_5134

しかし、その椎間板が重い荷物を持ち上げたりするなどの腰に負担をかける動作などが原因となって、

組織の一部が飛び出してしまった状態を椎間板ヘルニアといいます。

それが腰椎で起こったものを腰部椎間板ヘルニアと呼びます。

この状態になってしまうと、飛び出した椎間板が神経を圧迫するために腰痛はもちろん、

臀部や足の痛みやしびれが出てきます。足のしびれではどちらか片方に感じる事が多いです。

ひどい場合では、感覚障害が出たり筋力低下が出て、片方の下肢の筋肉が痩せてきたりします。

重症例では、ヘルニアが巨大な場合、脊髄神経を圧迫するために、排尿障害を起こすこともあります。

このような場合では手術が検討されます。

椎間板ヘルニアは20代~40代の若年層に多くみられます。

この理由は椎間板の内圧が若い時の方が高く、高齢になると低くなるからだといわれています。

風船を膨らまし過ぎると破れてしまうような感覚です。

 

腰部椎間板ヘルニアに関する詳しい内容はこちらをご覧ください↓

腰椎椎間板ヘルニアになってしまった時の治し方

 

 

急性腰痛症【ぎっくり腰】

ぎっくり腰という名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

ぎっくり腰は急性腰痛といわれている通り、急に強烈な腰の痛みが襲ってきます。

ぎっくり腰は痛みを引き起こす原因になる動作があるのが特徴で、なにもしていないのにぎっくり腰になる

ことはほとんどありません。中腰の姿勢で重たい荷物を持ち上げた時になることが最も多く、その他には

くしゃみをしただけでもなってしまう場合があります。

 

ぎっくり腰になりやすい人の特徴として挙げられるのが…

 

・体重が重い方

・筋肉量が少なく、脂肪量が多い方

・腰に負担をかける力仕事などが多い方

・冷え性の方

・日頃から疲れを溜めこんでいる方

 

このような方はぎっくり腰になりやすいでしょう。疲れを溜めこんでいて、筋肉や関節に急激なストレスをかけた

時に発症することが多いです。ぎっくり腰の特徴としては、強い痛みが1~2週間くらい続くがその後は痛みを

感じなくなるということや、再発しやすいということです。

治療を受けずに1週間ぐらい我慢して、痛みが消えるので治ったという勘違いをしてしまうことが再発の原因に

なっています。筋肉や関節などが痛みの原因になっていることがほとんどなので、レントゲンなどの画像検査では

異常が見つかりません。

 

ぎっくり腰に関する詳しい内容はこちらをご覧ください↓

【必見】ぎっくり腰は予防できる!原因と予防法

 

 

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に特に多い疾患になります。

自覚症状として感じる事が多いのは、立ち上がって腰を伸ばすと痛みを感じたり、長い時間外出して歩いていると

腰や下肢にかけて痛みやだるさが出てきて休まないと歩けなくなるというものです。これは間欠性跛行といい

腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状になります。

なぜ高齢者に多いかというと、脊椎に年齢とともに変形や変性が起こり、脊髄神経が通っている骨のトンネルである

脊柱管が狭くなってしまうからです。

脊柱管が狭くなる他の原因としては、椎間板ヘルニアや交通事故による衝撃などがあるため、若い人にもなってしまう

ことはありますが、数は圧倒的に少ないでしょう。また、生まれつき脊柱管が狭い方もいるためそのような方は

将来的になりやすいといえるでしょう。

 

腰部脊柱管狭窄症に関する詳しい内容はこちらをご覧ください↓

脊柱管狭窄症のすべて【原因から治し方まで】

 

 

脊椎分離・すべり症

脊椎分離症とは、分離という字があるので、骨同士が離れてしまう状態をいいます。

椎間関節にある関節突起という部分に骨折線が入り分離してしまうことをいいます。

原因となるものに多いのが、成長期のこどもがスポーツなどで腰を捻るような動作や曲げ伸ばしを繰り返し

行うことによるストレスで、疲労骨折してしまうことが挙げられます。

症状としては腰の痛みや下肢の方にも痛みやだるさを感じる事があります。

この脊椎分離が進んでくると、脊椎すべり症に移行していきます。

分離することによって、骨と骨の連続性が断たれているわけですから、椎骨が滑っていってしまうのです。

椎骨がずれるために神経を圧迫し、それによって痛みや下肢のしびれを引き起こします。

これらの分離・すべり症はレントゲンを撮れば、簡単に診断がつきます。

 

 

骨粗鬆症

骨粗鬆症は骨が脆くなってスカスカになることで、簡単に圧迫骨折をしてしまう状態の事をいいます。

圧迫骨折とは、骨が潰れるように骨折することでもちろん高齢者に多い疾患になります。

圧迫骨折が起こると、背中が丸く変形したような亀背という状態になったり、慢性的に腰痛があったり、

強い坐骨神経痛を引き起こすこともあります。

椅子に座ったり、しりもちを軽くついたりしただけで骨折することもありますので、高齢者の方がある日突然に

強い腰痛やお尻や下肢に痛みや痺れを訴えたような場合には骨粗鬆症を疑いましょう。

 

 

筋膜性腰痛

腰の筋膜が炎症を起こして、腰痛を感じるものが筋膜性腰痛といいます。

原因としては腰の筋肉に疲労が蓄積されすぎると、筋膜が炎症を起こしてしまうのです。

スポーツを激しく行っている学生などに多くみられます。

脊柱起立筋に痛みを訴える事が多く、腰を前屈する時に痛みを感じる事が特徴です。

下肢にしびれが出るなどの神経症状はなく、痛みの出方や出る位置などによって見極めます。

 

 

内臓の異常からくる腰痛

内臓に異常がある場合にも腰痛として感じることがあります。

腰痛の原因が内臓にある場合は、その内臓疾患の治療をできるだけ早く行わなければなりません。

内臓由来の腰痛の特徴として、痛みや違和感が安静にしている時でも起こるということです。

筋骨格系由来の腰痛の場合は身体を動かしたりした時のみ痛みが起こる事が多いですが、内臓の場合はそうでは

ありませんので、1つの指標にしていただきたいと思います。

内臓の原因としてよくあるのが、腎臓や尿管に結石がある場合や腎下垂、胆嚢炎や膵臓の異常などです。

内臓に異常が起きているので、腰痛以外の症状もみられることあります。反対に腰痛としてしか感じない場合も

ありますので、安静時にも腰痛や違和感がある場合は医師の診察を早めに受けましょう。

 

 

茨木はなおか整骨院での施術

pic01

茨木はなおか整骨院では、あなたが悩んでいる腰痛の原因を特定するために、20分程度の時間をかけて

検査・問診を徹底的に行います。原因がわからなければ治療をしても改善することはないからです。

そのために、あなたの日頃の身体の使い方や仕事、趣味、腰痛歴などを詳しくお聞きしていきます。

その後、明らかになった痛みの原因に対しての施術に入っていきます。

筋骨格系の腰痛の場合、多くの方が骨盤などの骨格に歪みをきたしていることがほとんどですので、これらの骨格を

痛みのないソフトな力で元ある状態にまで戻し、次に痛みを出している筋肉に対しても施術をしていきます。

当院はなかなか改善しない慢性腰痛を専門にしておりますので、お悩みの方はどんな事でも結構ですので、

お気軽にご相談ください。

 

 

【あなたの原因は?】腰痛を種類別に徹底解説! まとめ

150415211966_TP_V

腰痛の種類別の原因について解説してきました。腰痛にはこのようにさまざまな原因があり、その原因が

特定されないために腰痛を改善できない方がたくさんおられます。

裏を返せば、その原因を特定することができれば、腰痛は治ってしまうのです。

そうであるにも関わらず、原因を特定するための検査が適当に済まされてしまっている事が多いのが現状です。

腰痛をはじめ、身体の痛みは付き合っていくものではなく、無いのが正常な状態です。

いつまでも放置してしまうと慢性化してしまい、どんどん治りづらくなってしまいますので、早めに行動して

いただきたいと思います。あなたの腰痛の原因がわかり、痛みのない生活が送れるようになることを

心から祈っています。最後までお読みいただきありがとうございました。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。