ブログ blog

LISA141018447320_TP_V (1)

長い間妊娠状態で生活を続け、やっとの思いで生まれてきた我が子をこれから育てていく。

子育ては楽しくもありますが、決して楽なものではありませんよね。

そんな中、産後に腰痛になってしまうお母さんがたくさんおられます。

これからもう一度エンジンをかけて頑張っていかなければいけない時に腰痛が水を差すようにやってきます。

産後すぐというのは、身体の体力が十分に回復していないということに加えて赤ちゃんを抱っこすることが

増えます。腰痛が出てしまいやすい状態になります。

今回は産後に腰痛になってしまう原因や治し方について解説していきたいと思います。

今腰痛に悩んでいて「どうにもつらい!」というお母さんはこの記事を読んで腰痛を治す参考にしてください

ね。

 

産後の腰痛の原因とは?

tsuchimoto0I9A6485_TP_V

産後の腰痛は、いろいろな原因が重なって起きてきます。

原因を知ることで予防したり、気を付ける事ができますので、まずはしっかりと原因を知ってください。

 

 

1.抱っこする時間が増える

出産前にもお腹が出ていることで腰痛になってしまう人が多いですが、産後の育児で子どもを抱っこする時間

が圧倒的に増えます。抱っこしたまま歩いたり、自転車に乗ったり。

そうすると今まで使わなかった筋肉を使うことで疲労が蓄積し、腰痛になってしまう可能性が高くなります。

抱っこしたままの生活は腰にかかる負担が想像以上に大きくなります。

 

 

2.睡眠不足

こどもが小さい時には、夜中に授乳をしたり、よく泣いたりするので睡眠時間は間違いなく短くなります。

短くなるだけではなく、途中で何回も起きると睡眠のリズムが崩れてしまいます。

そうすると、身体の疲れが取れにくくなり腰痛を引き起こしやすくなります。

自律神経のバランスを崩してしまい、腰痛以外の症状が出てしまう人もおられます。

最近はテレビで「睡眠負債」という言葉をよく耳にしますが、睡眠不足は身体に悪影響を及ぼすのです。

 

 

3.骨盤の歪み

出産するときには、赤ちゃんが骨盤をスムーズに通れるように「リラキシン」というホルモンを分泌して

骨盤を緩めます。これによって骨盤周りの靭帯なども緩んでしまうために、骨盤が歪むことで産後に腰痛

になってしまう人が多いのです。

一度歪んでしまった骨盤は自然に治ることはないので、腰痛が産後に出始めて慢性化してしまう人も

おられます。

 

 

4.精神的ストレス

育児でお母さんにかかるストレスは大きなものになります。

2の睡眠不足から自律神経のバランスが崩れ、身体の血行が悪くなります。

血行が悪くなることによって腰痛が出やすくなりますが、自律神経のバランスが崩れると、

精神的なストレスも溜まっていきます。そうなると、身体は痛みを感じやすくなります。

また、家事と慣れない育児の両立をしなければならないことや、旦那さんが育児に協力的でなかったりする

と精神的なストレスは相当なものになるでしょう。

 

 

5.自分のメンテナンスをしなくなる

子どもが生まれると、今までお母さんが自分のためにしてきたことが子ども第一に変わることで

やめてしまいます。もちろん当たり前のことですが少しの時間を見つけて自分にも目を向けましょう。

出産前は運動習慣があったり、治療を受けたりと適度に疲労を抜くことができていたんですね。

身体を壊すとどうしようもありませんので、バランスが大切です。

 

 

産後の腰痛の3つの対処法

OMG151018420I9A2445_TP_V

 

産後の腰痛の原因は様々なものがありました。

そのため対処の仕方も様々あります。どれか1つやれば腰痛が治る!ということはないので、

これから紹介する方法を色々試してみてください。

 

1.運動やストレッチを取り入れる

子どもが寝付いた時などの手が離れる時に簡単な運動やストレッチを行いましょう。

産後は運動不足になりがちです。

簡単にできるストレッチをいくつかご紹介します。

 

・太もも前【大腿四頭筋のストレッチ】

IMG_5237

写真では左足の太ももの前の筋肉を伸ばしています。

伸ばしたい足の膝を曲げて上半身を徐々に後ろに倒していくだけです。

 

・太ももの後ろ【ハムストリングスのストレッチ】

IMG_5105

写真では左足の太ももの後ろの筋肉を伸ばしています。

足を前後に開き膝を軽く曲げた状態で、上半身を前に倒していきます。

 

2.腰痛ベルトを使う

子どもを1日中抱っこしているとその分負担が増えるので、よほど筋肉がある人でない限り、

腰痛になってしまいます。そんなときは腰痛ベルトをうまく使いましょう。

腰痛ベルトの正しい使い方はこちらをご覧ください↓

【腰痛の方は必見!】腰痛コルセットの正しい着け方を紹介!

 

3.整体などの施術を受ける

産後の腰痛では、歪んでしまっている骨盤が原因で痛みが出ているなどで、施術をしない限り

改善することができない腰痛もあります。

なかなか忙しくて自分の事に時間を当てることが難しいかと思いますが、そこはどうにかして

施術を受けて改善させるしかありません。

腰痛を感じたらまずは運動やストレッチを行い、コルセットを上手に使う。

それでも腰痛が改善しない場合は施術を受けることをおすすめします。

 

 

【よくなるの?】産後の腰痛がある方は必見!3つの対処法 まとめ

PAKUIMGL9508_TP_V

産後の腰痛になってしまう原因と3つの対処法について解説してきました。

産後の腰痛は子育てが優先されがちで、対処が遅れてしまって悪化することがよくあります。

もちろん我が子が第一ですが、お母さんが腰痛で動けなくなってしまうとどうしようもなくなります。

悪化する前に早め早めの対応を心がけましょう。

また上記でお伝えした整体などの施術は産後1か月が経って、体力が回復してから受けるように

してくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。