ブログ blog

N934_ktebukurowosurudrm_TP_V

腰痛にもさまざまな種類があり、またその程度もさまざまです。

強い腰痛を感じて病院に行って検査を受けて、手術が必要だと診断をされる方もたくさんおられます。

しかし、その中には本当は手術なんてしなくても改善が見込める腰痛も含まれていることがあります。

手術を受けさえすれば、今までの痛みはすべて消えて元通りになると思っている方も多いかと思いますが、

全てその通りとはいかずに、中には痛みが消えなかったり、余計に腰痛がひどくなってしまうこともあります。

とはいえ、腰痛にはレッドフラッグといわれる危険度が高いものがあります。

このような場合には、手術を受ける必要があります。

そこで今回は、手術が必要になる腰痛とはどんなものなのかについて解説していきたいと思います。

今現在腰痛を感じていて、病院で手術しかないといわれた方も一度この記事を読んで参考にしていただければと思います。

 

 

手術が必要な腰痛の条件とは

cc0160160836_TP_V

治療やリハビリなどの保存療法で回復が見込めない腰痛には手術をするしかありません。

次にあげるような症状や兆候が見られる場合には手術が必要になってくることが多いです。

 

 

・重篤な神経症状が出ている

椎間板ヘルニアで多くみられるものは、神経根という部分が圧迫されて腰痛や片足のしびれなどの症状が出るというもの

です。その中で稀に見られるものが中心の馬尾神経という神経が巨大なヘルニアによって圧迫されている時に出る症状です。

馬尾神経が圧迫されると、膀胱直腸障害と呼ばれるものが現れます。

どういった症状かというと、尿が出なかったり出にくいような感じがしたり、排便障害などです。

また両足にも強いしびれや脱力を伴うことも多いです。

膀胱直腸障害が出るような椎間板ヘルニアの症状が現れた場合には、すぐに病院に行き検査を受け、手術をする必要が

あります。発症後になるべく早く手術を受けた方が、症状の改善率が高まるという研究結果が出ているからです。

ですので、馬尾神経の圧迫症状が出ていない、神経根症状による椎間板ヘルニアの場合は手術をせずとも、

整体などの腰痛治療で改善する場合がたくさんありますので、まずは保存療法を検討してもいいでしょう。

椎間板ヘルニアになってしまったら、全て手術が必要になるわけではないので、ここは頭に入れておきましょう。

 

 

・治療を受けても改善がみられないもの

病院で手術を検討された方でも、身体にメスを入れる事は避けたいという方がほとんどだと思います。

そんな思いから、保存療法に最後の望みをかけて腰痛治療を受けてみたという方も多いのではないでしょうか?

腰痛の中でもこんな症状を持っている方には手術が検討されます。

 

・臀部や下肢などの痛みや痺れが長期間取れない

・休めずに歩ける時間は5分ぐらい

 

このような症状は、腰痛の中でも重症なタイプとなっています。

もちろん施術によって改善することもよくありますが、残念ながら変わらないという方もいます。

もちろん施術のレベルやどういった治療方法を選択するのかで効果にかなりの差が出ることもありますが、

保存療法を行ったが、改善が全く見込めないという場合には手術が必要になることもあります。

 

 

・悪性腫瘍が原因によるもの

ガンなどの悪性腫瘍が内臓にできていたり、脊椎や骨盤に転移していた場合には腰痛として感じる事があります。

腰が痛いと感じて、整骨院などでずっと治療を受けていたら実はガンがあったということが稀にあります。

悪性腫瘍が原因になる痛みの特徴としては、安静にしている時にも腰が痛いというものです。

筋骨格系に起因する腰痛の場合は動作時などに痛みを感じるものが多いのですが、悪性腫瘍による腰痛では、

安静時にもずっと痛みや違和感があることがほとんどですので、ここが1つの自覚症状としての違いを感じる

ポイントになります。ですので、安静にしている時にも寝ている時にもずっと腰が痛いという症状がある場合には

一度病院での検査を受けるようにしてください。

 

 

【今すぐ確認を!】手術が必要な腰痛の条件とは? まとめ

PAKUIMGL9508_TP_V

手術が必要な腰痛の条件に付いて解説してきました。

手術が必要な腰痛をもう一度整理するとこのようになります。

 

・馬尾神経が圧迫されている巨大な椎間板ヘルニア

・腰痛治療を受けても改善がみられないもの

・悪性腫瘍が原因によるもの

 

このような場合では、手術を受ける必要があります。保存療法を選択した場合には、先ほどもいいましたが、

どのような治療を選択するかによって治療効果に大きく差が出てしまいます。

いろいろな治療院を転々としている方が多いですが、腰痛なら腰痛を専門に治療をしている所で施術を受けるように

しましょう。それによって腰痛改善率も大きく変わっくることがあるからです。

手術は本当に必要な場合を除いては、なるべく受けずに治すというほうがいいですので、その的確な見分けと選択が

できるように正しい知識を持ってくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

茨木市。南茨木の3年以上よくならない腰痛・肩こり専門院  茨木はなおか整骨院

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。