ブログ blog

ELFA88_yukidarumasan20150101144527_TP_V

冬が近づいてきてこれからの季節は気温が下がって寒くなりますね。

寒くなってくると身体のあちこちに痛みを訴える方が増えてきます。

その中でもぎっくり腰や腰痛といったものが数多くを占めてきます。

あなたも寒くなってくると腰痛が出たり、ひどくなったりするという経験はありませんか?

そもそもなぜ寒くなると腰痛が出ることが多いのでしょうか?

血流が悪くなるからという簡単な理由だけではなく意外な原因が隠されています。

そこで今回は寒さと腰痛にはどのような関係があるのかについて解説していきたいと思います。

この記事を読んで、冬の腰痛が出る原因を知り、しっかりと対策をしていきましょう。

 

 

寒さと腰痛の関係性とは?

PAKUIMGL9508_TP_V

寒くなってくると腰痛を出やすいような気がする・・

気がするのではなくしっかりとした根拠があります。

1つずつみていきましょう。

 

・血流が悪くなる

気温が下がると身体の血行が悪くなってしまいます。

血行が悪いとは、身体に血が十分に巡っていないということになります。

身体の中にある疲労物質は血液に運ばれて流され代謝されていくのですが、この作業の効率が悪くなってしま

うために、疲労物質が身体の中に溜まりやすい状態になってしまいます。

そうなると、筋肉は硬くなり痛みを引き起こしてしまうのです。

ですので、冷え性の人は腰痛になりやすいんです。

 

・外出や動きが減る

冬になると仕事以外の休みの日は1日家にこもっていたり、外出を極力控える人が多いようです。

春や夏などの温かい時には、外出する機会も増えて身体が動かされるので更に血行が良くなるという好循環が

生まれますが、冬の場合はこの逆で悪循環になってしまいます。

寒いから家にこもるので運動不足になり、さらに血行が悪くなるという具合です。

また、運動不足だと筋肉量が減ってしまうために、身体を支える力が弱くなるために腰痛になりやすくなりま

す。寒くなる12月から3月ぐらいの4か月もの間、運動不足が続くと筋肉量は確実に減ってしまいます。

 

・寒いと身体に力が入る

寒いとガクガク震えてしまいますよね?

人間は寒いと身体を震わせて熱を起こそうとする働きがあります。

これを「ふるえ産熱」といいます。

震えている時というのは、身体の筋肉に力が入っている状態なので、ガチガチに硬くなっています。

これによって腰痛を感じたりすることがあります。

 

・末梢神経が締め付けられる

私たちの身体は身体の中枢から末梢にかけて、末梢神経が張り巡らされています。

末梢神経は筋肉の間をすり抜けるように走行しています。

筋肉が寒さで硬くなると、末梢神経も一緒に圧迫されてしまいます。

末梢神経が圧迫されると、痛みとして感じてしまうということになります。

 

このように寒さというのは、私たちの身体に悪影響を与えます。

「冷え」は腰痛だけではなく、万病のもとなんです。

では、これらの原因からくる腰痛をどのように対処して防げばいいのでしょうか?

 

 

寒いと痛む腰痛の対処法・予防法

YAMASAYA845_TP_V

寒さと腰痛の関係性が分かったところで、次は実際にそれをどのように防いでいくのかについて解説していき

たいと思います。

 

・運動を取り入れる

上でもお伝えしましたが、運動不足になると筋肉量が減ってしまいますので、運動をすることはものすごく腰

痛の予防に効果があります。

運動にも色々あって何をすればいいのかわからない人におすすめの運動があります。

それはウエイトトレーニングです。

ウエイトトレーニングは筋肉の量が増えることや体温を上昇させる効果があるからです。

寒さからくる腰痛もそうですが、絶対的な筋肉量が少ない事で腰痛になっている人が本当に多いです。

ただし、ウエイトトレーニングを行う上で大事なことがあります。

 

・正しいフォームで行う事

・全身をバランスよくトレーニングすること

・あまり重すぎる、軽すぎる負荷では行わないこと

 

上級者はフォームができているので、正しく効果を得られることができますが、ウエイトトレーニングは

間違えたフォームで行うと効果がないばかりかケガの原因にもなります。

トレーニング初心者の人は正しいフォームを指導してもらってから行いましょう。

そして、その正しいフォームを崩れることなく行える重量を選ぶようにしてください。

 

・身体を温める

なんといっても寒いと身体は冷えるので、意識的に身体を温めるようにしなければいけません。

腰痛防止のためにも湯船にしっかりと浸かりましょう。

お湯が熱すぎるとものすごく温まるような気がしますが、身体に負担がかかる上に短時間しか入ることができ

ないので、気をつけましょう。

41度くらいの温度で15分程度ゆっくりと浸かりましょう。

こうすることで身体の芯から温められて腰痛予防になります。

シャワーで毎日済ませている人はぜひ湯船に浸かってみてくださいね。

 

 

【冬は要注意!】寒さと腰痛の関係性とは? まとめ

tsuchimoto0I9A6485_TP_V

寒さと腰痛の関係性について解説してきました。

身体を冷やすということは悪い事ばかりで、良い事はあまりありません。

身体をしっかりと温める事と、筋肉量を増やして体温を上げる事が大切になります。

高齢者の人はウエイトトレーニングは少ししんどいですので、ウォーキングでもいいでしょう。

どれも今からでも実践できることばかりですので、冬場に腰痛に悩まされている人はぜひ一度試してみてくだ

さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。