ブログ blog

IMGL8782171031_TP_V

みなさんの中にも腰痛を抱えていて、なかなか治らずに今日まできているという人や、

慢性化していて腰痛を治すことをあきらめてしまっている人も少なくないでしょう。

でも考えてみてほしいのですが、なぜあなたは長い間腰痛と縁が切れないのだろうか?

その答えはあなたが日常生活をどのような姿勢で過ごしているかという事にかかっているのです。

姿勢といっても生活の中ではいろいろな姿勢を取りますよね?

その中でも座っている時の姿勢というのは腰に負担をかけます。およそ体重の2倍の重さが負担となっていると

いわれています。この座っている時の姿勢が悪いことで腰痛になってしまっていて治らない人が多いんです。

そこで今回は腰痛になりにくい正しい座り姿勢がどんなものなのかについて解説していきたいと思います。

この記事を読んで正しい座り方をマスターして腰にかける負担を減らし腰痛とサヨナラしてくださいね。

 

 

腰に悪い座り姿勢とは

DMCA0I9A2191_TP_V

まずは良い姿勢を知る前に腰に負担をかける悪い姿勢がどういうものなのかを知ろう。

次にあげるような姿勢を取っているならば、腰痛になりやすいといえます。

 

☑椅子に浅く腰をかけてもたれている

☑足を組んでいる

☑デスクワークで画面に集中して顔が前に出ている

☑足を横にずらして椅子に座っている

☑背もたれにもたれていない

 

上に挙げたものは椅子に座っている時限定の姿勢だが、このような座り方をしていると腰痛になってしまう

確率がものすごく跳ね上がります。

それぞれなにが腰に悪いのかをみていきましょう。

 

椅子に浅く腰をかけている

このような姿勢では骨盤が後傾してしまい、体重のかかり方がずれてしまう。

また、自然と猫背になってしまい姿勢が崩れやすくなるため腰にかかる負担が大きくなる。

 

足を組んでいる

足を組んでいる方が楽だからといって1日中足を組んで椅子に座っていないだろうか?

足を組んで椅子に座ると骨盤はすぐにずれてしまうし、それにより体重のかかり方にアンバランスが生じる。

 

デスクワークで画面に集中して顔が前に出ている

肩こりや首こりの原因となる姿勢だが、実は腰痛の原因にもなっている。

顔を前に出すような姿勢では、脊柱起立筋などの腰の筋肉が緊張状態になってしまう。

 

足を横にずらして椅子に座っている

女性が取りやすい姿勢ですね。重心がずれます。

足を横にずらして座った方が見栄えはいいのかもしれないが、確実に腰に負担がかかっている。

 

背もたれにもたれていない

背もたれを使わずにずっと座っている状態です。

これだと筋肉がずっと力が入りっぱなしになり緊張して硬くなります。

 

このような座り姿勢は確実に腰痛の原因になってしまいますので、正しい座り方を覚えて常に意識しましょう。

腰にいい座り姿勢はこの逆をやればいいだけです。

 

☑椅子に深く座る

☑足を組まない

☑画面と適度な距離を保ち、顎を引き頭の位置に注意する

☑足は身体の前に置く

☑背もたれにもたれる

 

座っている時にはこの5つの事を意識するだけでも腰痛の予防になります。

実際に今これをすべて守った姿勢で座ってみてください。

どうですか? すごく綺麗な姿勢になりませんか?

椅子に座っている時にはこの姿勢を保つように意識してほしいのですが、1つだけ注意してほしいことがあります。

 

 

良い姿勢でも座りっぱなしだと腰痛になる

PAKU6471_TP_V

腰痛になりにくい正しい座り姿勢を取って座っていたとしても、この姿勢を長時間維持することによって

腰痛になってしまうことがあります。

同じ姿勢を維持するということ自体が負担になるからです。

「正しい姿勢と取れば腰痛にならないんじゃないの?」と思った人もいるかもしれませんが、人間の身体は

同じ姿勢を維持するのには筋力を使います。

ですので、座っていて腰痛を出さない理想の方法は、上記の正しい姿勢を守った上でこまめに姿勢を変える

ということになります。

こまめに姿勢を変えるとは、座っている時は5つを守った姿勢なので、立ち上がって腰を回したりするということです。

これができるようになるとデスクワークをたとえ1日中していたとしても腰痛はかなり軽減されるのでは

ないでしょうか?

 

 

【実践】腰痛になりにくい正しい座り姿勢とは まとめ

PPP_mukishitunaakaibenchi_TP_V

腰痛になりにくい正しい座り姿勢について解説してきました。

「特に腰に悪い事してないのにな~」と思っていても、座り方に問題がある人が多いということなんです。

この正しい座り方は始めは慣れていないのでしんどく感じてしまいますが、まずはこの座り方を意識しなくても

できるようになりましょう。自然に座れるようになってくるころには、正しい座り姿勢が身についてきた

ということなので腰痛も軽くなっているはずです。

これでも腰痛が改善しない人は治療を受けたほうがいいものだと考えられます。

デスクワークの人は腰痛に特に気を付けてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。