ブログ blog


COW135105158_TP_V

先日患者さんからこのような質問をいただきました。

 

肩こりや頭痛、首の痛みが慢性的に気になっていて、ひどい時には夜寝るのもつらい状態です。

ネットで調べたりして肩こりに効くといわれるストレッチを試してみたりしたのですが、

あまり変わりがありません。一度病院でレントゲンを撮ってみたら、ストレートネックだと

いわれました。この場合はストレートネックを治さないといけないのでしょうか?

良い方法があれば教えてください。よろしくお願いします。

 

 

ご質問ありがとうございます。

 

 

このように、日頃から肩こりや首の痛みを感じていたりして、病院に行きレントゲンを撮ると、

ストレートネックだといわれた・・という一連の流れがよくあります。

 

実はストレートネックは現代病であるといわれています。

当院にもストレートネックからくる肩こりや頭痛などに悩む人がたくさん来られます。

 

今回はそのストレートネックになってしまう原因や、それに伴う症状や治し方について

解説していきます。ストレートネックで悩んでいるあなたはぜひこの記事を参考にしてください。

 

 

ストレートネックとは?

DMCA0I9A2191_TP_V

昔からありましたが、パソコンやスマホの普及によって、最近は特にストレートネックに

なる人が増えています。どういったものをストレートネックかというと、首の骨である

頚椎が正常では弯曲している状態にありますが、この正常な弯曲がなくなってしまい骨の並びが

まっすぐになってしまうことをストレートネックといいます。

 

人間は2足歩行になってから、歩いたりして地面から受ける衝撃を和らげるために、

背骨が全体的に弯曲することで衝撃を吸収しています。その首の骨の部分の弯曲がなくなって

しまっているのです。このストレートネックは男性よりも筋力の弱い女性に多く発症します。

 

 

ストレートネックの原因

FBPAKU3311_TP_V

 

先ほどにも書きましたが、主な原因はパソコンやスマホによる影響です。

画面に集中することで、頭の位置はどんどん前のめりになっていきます。

 

本来の頭の位置は、両肩を結んだライン上に乗っているのが正常ですがその位置に留まらずに

どんどん前にずれて、その位置で固定されてしまいます。

 

この姿勢を毎回毎回、何年もかけて続けているうちに頚椎の自然な弯曲が消失してしまい

ストレートネックになってしまいます。この他にも交通事故によるむち打ちによるものや

生まれつき首が長い人もストレートネックになりやすいとされています。

 

割合としてはほとんどが姿勢の悪化からくるものだと考えていいでしょう。

 

 

ストレートネックの症状は?

OMG151018110I9A1844_TP_V

首は本来ならば弯曲しています。そのことで身体の色々な組織を守ったり、機能させたり

しています。ストレートネックになるということは、これらの働きを弱めてしまうことに

なりますので、身体に様々な症状が現れます。

 

一体どんな症状が現れるのでしょうか?みていきましょう。

 

 

1.肩こり・首の痛み

 

頭の位置が正常より前に移動してしまうために、首や肩の筋肉が緊張状態になってしまいます。

頭の重さはボーリングの球ぐらいあります。

ボーリングの球が落ちないように、常に首肩周りの筋肉は頑張ってくれていますが、

それがいつもよりも前に移動することで、さらなる負担がかかります。

 

2.頚椎椎間板ヘルニア

 

正常な頚椎の弯曲があるときは、頭の重さを支える事ができていますが、その弯曲がなくなり

まっすぐになってしまうと頚椎にもろに負担がかかります。

筋力の弱い女性などでは筋力でカバーすることもできないことが多いので、椎間板ヘルニアの

危険性が高まります。負荷を吸収する力が減ることで、椎間板にかかるストレスが増えます。

 

3.手のしびれ

 

頚椎からは狭い間隔でたくさんの神経が骨と骨の間から出ています。

頚椎の弯曲があるときは、問題なく程よい間隔で神経の出口が保たれています。

しかしストレートネックになると、その間隔が狭くなるために首を横に倒したりしたとき

などに骨が神経を圧迫してしまい手のしびれを引き起こします。

 

4.頭痛・吐き気・めまい

 

頚椎の弯曲がなくなるために、頭にかかる衝撃が大きくなります。

その結果、頭痛を引き起こしたり、ひどい場合は吐き気やめまいを伴います。

吐き気がまさかストレートネックからきているということは、わかりにくいですよね。

 

5自律神経に影響する

 

脳から身体へと神経伝達が行われ、指令を送ります。

脳に近い頚椎がストレートネックになってしまうと、脳からの指令が正しく伝わらなく

なってしまいます。自律神経は頸椎と頭の骨の間に集中しています。

自律神経に影響すると自律神経失調症となり、身体に色々な症状を引き起こします。

 

 

ストレートネックの治療法

OMG151007029380_TP_V

 

1.バスタオル枕を使う

 

バスタオルを丸めて円筒状にしてください。

それを首のアーチに沿わせるように仰向けに寝ます。この状態で5~10分ぐらい

寝ていてください。これを行うことでストレートネックになっている状態から元の正しい弯曲を

取り戻せる場合があります。毎日続けてみてください。

 

2.姿勢に気を付ける

 

もうストレートネックになってしまっている場合は治療にはなりませんが、

これ以上の悪化は絶対に防ぎたいところです。

ですのでパソコンやスマホを操作するときなどは特に頭の位置に気を付けてください。

両肩を結んだライン上に頭がくるように心がけましょう。

 

3.整体を受ける

 

一旦ストレートネックになってしまうと、自力で治すことは困難になります。

頚椎は神経や血管が集中している繊細な部分なので、治療しておくことをおすすめします。

頚椎だけにフォーカスするのではなく、身体全体の骨格から治療していく方が良いでしょう。

ひとつ注意点としては、頚椎の矯正でバキバキと鳴らすような治療院がありますが、

神経を損傷したりするリスクを伴います。

日本ではそのような矯正を十分な技量が無い状態で行っている治療院が多い傾向にありますので、

治療法をしっかりと確認されてから受ける事をおすすめします。

 

 

ストレートネックまとめ

 

パソコンやスマホの普及などで、日本人の生活はすごく便利になりました。

ですが、それに反比例するようにストレートネックをはじめとする身体の症状に悩む方が

増えています。多くの方は肩こりや首の痛みが強くなってきて慌てて病院に行き、

その時にストレートネックであるといわれることが多いのですが、なにも症状がない場合でも

ストレートネックになっている人も結構おられます。

 

頚椎椎間板ヘルニアや手のしびれが出たりする前に早めに対処するべきでしょう。

対処法で紹介させていただいたバスタオル枕は、効果を感じる事が多いのでおすすめです。

 

しかし、症状が強く伴っている進行したストレートネックには効かないことがあります。

なかなか改善しない・どうしたらいいかわからない場合は当院までお気軽にご相談ください。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。