ブログ blog

YUKATIMGL0278_TP_V

先日患者さんからこんなお悩み相談をいただきました。

 

【朝起きた時の腰痛がつらいのですが、何が原因ですか?】

今まで全く腰痛というものになったことがなかったのですが、ここ1か月前ぐらいから

朝起きた時の腰痛が出てきて困っています。

布団から起き上がるのが大変で少し時間がかかります。やっとのことで起き上がれても

洗顔するときに前に屈むことが痛くてできません。

昼になればその痛みも治まるので、朝だけといった感じです。

朝は時間がないのでさっと起きて行動したいのですが、今の所厳しい状態です。

なぜ朝だけ腰が痛いのでしょうか?またどうすればいいのか教えてください。

よろしくお願いします。

 

ご質問ありがとうございます。

 

腰痛を抱える方の中には朝だけ特に痛くてつらいという方がおられます。

朝布団から起きたり、顔を洗う時にはかなりつらいけど、昼頃になってくると痛みが引いてきて

楽になってくる。そんな症状に悩んでいる方は多いです。

朝だけ痛い腰痛の方は一般的な腰痛とは少し違う原因で痛みが出ているのかもしれません。

その原因には以下のものが考えられますので、ぜひ気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

 

朝に腰が痛い原因とは?

 

朝だけ腰が痛いと1日痛いわけではないので、朝だけ耐えればいいかと安易に考えてしまう方が

すごく多いんです。まずは考えられる原因をみていきましょう。

 

1.腰周辺の血液循環が悪い

 

朝起きた時の身体を巡る血液の循環は活動的な日中と比べると悪い状態になっています。

人間は寝ている時には体温が下がるので、血液の巡りは緩やかになります。

これは例外なく人間はみんなこうなっています。

 

みんな血液循環が悪くなるのに、痛みが出る人と出ない人の違いはなんなのか?

それは腰回りの筋肉の柔らかさにあります。

腰回りの筋肉が硬い状態の人はその分循環が悪くなります。

反対に筋肉が柔らかい状態の人は寝ている状態でも血液が十分にいきわたります。

 

昼を過ぎると循環が少しずつ改善されるので痛みが引いてきますが、

更に悪い状態になってしまうと、1日中腰痛に悩まされることになります。

筋肉を柔らかく保つには長時間同じ姿勢になるのを避けたり、運動習慣をつけるようにしましょう。

 

 

2.寝ている時の姿勢が悪い

 

朝の腰痛で悩んでいる方の中で特に多いのが、寝ている姿勢が悪いということです。

寝ている時に寝返りが打てていない方はもしかするとマットレスがあっていないのかも

しれませんので、正しいマットレスの選び方はこちらをご覧ください。

腰痛にはよくない低反発マットレス

寝返りを打てないという事は腰周りの血液循環を悪くしてしまいます。

寝返りを打てていない他にはうつ伏せで寝る事も良くありません。

うつ伏せ寝は腰の椎間板にかかるストレスが1番大きくなる姿勢だからです。

腰に最も負担のかからない姿勢は横向けになって膝を軽く曲げて寝る姿勢です。

この姿勢は腰にかかる負担を少なく抑える事ができるので、うつ伏せで寝る習慣のある方は

変えてみましょう。これに加えて正しいマットレス選びができれば睡眠環境としては最高ですね。

 

3.食事の時間が遅い

 

食事の時間が遅い方にも朝に腰痛を訴える方が多いです。

夜の遅い時間に食事をとってあまり時間を空けずに寝てしまうと内臓に負担がかかった状態で

寝ることになります。内臓に負担がかかることにより背中や腰周りの筋肉が緊張して硬くなって

しまいます。これは人間の身体に備わっている内臓体性反射というものです。

硬くなった筋肉によって循環が悪くなってしまいます。

なので寝る前の2時間前には食事を終わらせるようにしましょう。

仕事が終わるのが遅くてどうしても遅くなってしまう方は、満腹近くまで食べないように

意識するようにしましょう。内臓にかかる負担を軽くすることができるからです。

 

上記3つが朝の腰痛になりやすい主な原因です。

朝だけの腰痛は放置してしまうと1日常に腰痛が出てくるようになります。

ここで紹介したことをを気を付けてみても腰痛があまり変わらないという方は治療が必要になります。

 

 

茨木はなおか整骨院での施術方法

 

茨木はなおか整骨院では、腰痛の専門家によるカウンセリングや、施術、日常生活でのケア

までの過程を患者様一人一人に合わせた方法で丁寧に行っております。

慢性的な腰痛がある方は筋肉だけの施術ではあまり改善に至らないことが多いです。

骨盤を中心に骨格まで歪みが起きている状態が多いので当院ではまず初めに骨盤の状態を確認します。

そして歪みがある場合は、痛みのないバキバキしないソフトな矯正で正常な位置に戻してあげます。

そうすることによって負担のかかっていた筋肉が自然に緩む状態になれるので痛みや症状も

改善していきます。その方の状態によって良くなる回数は変わってきますが、

平均5~15回の施術回数で腰痛が改善していく方が多いです。

腰痛がなかなか良くならずにお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

 

まとめ

 

朝だけ腰が痛いという方は今の内にしっかり治しておくチャンスです。

我慢できるくらいの痛みだからといって軽くみているとそのうちにどんどん悪化してきます。

私も今までにそういった方を何人もみてきましたのでわかるのですが、今この段階でしっかりと

治しておくと後から悪化することが少ないです。また朝起きて痛みがあると感じている期間が長ければ

長いほど腰痛は慢性化していき治すのが難しくなってきますので早めの対応をおすすめします。

わからないことがあったり、3つの事に注意してみても腰痛がある方はご相談くださいね。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。