ブログ blog

kakurerukijishironeko171027_TP_V

1日の内で睡眠は身体の疲れを回復するために必要不可欠なものです。

しっかりと睡眠時間を確保して、質のいい睡眠が取ることだできればあなたの身体の疲れも回復し、また次の日から

元気に仕事が頑張れるでしょう。

しかし、夜寝ている時に腰が痛くて目が覚めてしまうという方がとても多いのです。

睡眠が妨げられて痛みで目が覚めるという状態はかなり悪いということはわかると思います。

そして、腰痛で目が覚めてしまう事が原因で、睡眠時間が短くなり、睡眠の質が悪くなることによって

翌日に疲労を残したまま仕事をすることになり、また夜に痛みで目が覚めるという悪循環になります。

あなたが今、このような状態にあるならば、少しでも早く腰痛が出ないようにする必要があります。

そこで今回は夜寝ている時に腰痛で目が覚めてしまうという方に対して、どのような改善法があるのかということに

ついて解説していきたいと思います。夜に腰が痛いという方はこの記事を最後まで読んで、少しでも早く

質のいい睡眠を取っていただきたいと思います。

 

 

腰痛で夜寝ている時に目が覚める理由

YUKA20160818230216_TP_V

腰痛で夜寝ている時に目が覚めてしまう理由には大きく3つ考えられます。

以下にそれぞれについて解説していきます。

 

 

1.炎症を起こしている

腰に炎症を起こしている時には、夜中に痛みで目が覚めることがあります。

腰に炎症が起こる時ってどういう時でしょうか?

それはぎっくり腰という状態の時に腰で炎症が起こっています。ぎっくり腰は腰の筋肉や関節に炎症が強く起きていて

腰に激痛が走るというものです。ぎっくり腰の場合は、寝ている時に目が覚めることもありますが、日中も強い痛みが

あることがほとんどです。

 

 

2.冷えている

人間は寝ている時に体温を下げて眠りに入ります。

特に冬場は寝ている時に最も体温が下がりやすいので注意が必要です。身体が冷えて血行が悪くなると疲労物質が

流れていきにくくなるために腰に痛みやだるさが出る事が多いです。

この時の痛みやだるさは激痛という程の痛みレベルではなく、なんとなく痛い、だるいというような感覚に

近いことが多いです。

 

 

3.腰に疲れを溜めこみ過ぎている

日頃腰に疲れを溜めこみ過ぎている状態で寝ると、寝ている時の姿勢さえも負担になって寝返りした時などに

痛みを感じる事があります。日中に腰痛を感じている方や、仕事で重たいものをよく運ぶような方に夜に目が覚めることが

多い傾向にあります。疲れが溜まっている方が勝っていて、睡眠での回復力が追い付いていない状態です。

このような場合は腰の疲労としっかりと取って、リセットしてあげることが必要になります。

腰痛で夜に目が覚める時の改善法

cc0160160836_TP_V

腰痛で夜寝ている時に目が覚めてしまう理由は3つありました。

これらそれぞれに対して行うべき対処・改善法をご紹介していきます。

 

 

1炎症を取る

ぎっくり腰の炎症を早く取ることが必要です。ぎっくり腰は程度によりますが、1~2週間ぐらいで痛みが軽くなっている

ことが多いです。なり始めの痛みが1番強い時期に放置せずに、整体などで治療を受けるようにしましょう。

炎症が取る事ができれば、夜に痛みで目が覚めるということもなくなります。

ただ、1つ注意するべきは、ぎっくり腰は痛みに我慢して治療せずに治してしまうとかなりの確率で再発します。

当院にもぎっくり腰を5回異常繰り返しているという方がよく来られます。

ぎっくり腰は繰り返すと椎間板ヘルニアになってしまうことがありますので、もし今腰に強い痛みがある場合は

我慢しないようにしてくださいね。

 

 

2.お風呂に入ってから1時間を目安に寝る

夜に身体が冷えにくい状態にするためにも、お風呂に入ってから布団に入るまでの時間をなるべく短くしましょう。

よく仕事から帰ってからすぐにお風呂に入ってから、ご飯を食べて、何時間もテレビを見てから寝るという方が

いますが、これはおすすめしません。身体が冷えた状態で寝ることになるからです。

理想的なのは、41℃ぐらいのお湯に15分くらいお腹の上くらいまでゆっくり浸かってから上がり、

その後1時間ぐらい経ってから寝るのがおすすめです。

早すぎても眠りにつきにくいのでいけません。

 

 

3.腰の疲れを取る

毎日溜まる疲れを取りきることができずに、疲れをどんどん溜め込んでしまっているという方は

生活の中に身体をいたわる行動をしていきましょう。

その方法は簡単で、ストレッチを寝る前にする習慣をつけたり、定期的に整体を受けてみたり、

運動不足を解消したりと色々あります。

腰の疲れが溜まってしまうことが原因で夜に腰痛で目が覚めるということが1番多いので、あなたの生活を

見直して変えていきましょう。

こちらに詳しい対処法が書いてありますので、参考にしてくださいね↓

 

【自分でもできる?】腰痛の痛みを和らげる方法

 

 

【眠れない!】腰痛で夜に目が覚める時の改善法 まとめ

PAKUIMGL9508_TP_V

腰痛で夜に目が覚める時の改善法について解説してきました。

主な原因としては、炎症がある・冷え・疲労が蓄積の3つがありました。

その中でも疲労の蓄積による腰痛が1番多いので、生活習慣の見直しが必要です。

腰が痛くて目が覚めるのに、その状態を放置するということだけは避けてほしいので、少しでも早くに良くなるように

行動してください。その際に腰痛専門の治療を行っている当院がお力になれることもありますので、

わからないことやどんな質問でも構いませんのでお気軽にご連絡してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。