ブログ blog

PASONAZ160306310I9A2385_TP_V

首や肩が重かったり、痛みが出たりしてどうしようもないぐらいしんどい肩こり。

辛くなると自分で手を回してマッサージしてみたり、湿布を貼ってみたりして対処する方も多いのでは

ないでしょうか?

肩こりにいいとされるさまざまな対処法を試してみたけれど、肩こりが良くならなくて慢性化してしまう。

そのうちに肩こりは治らないものだ。という風に決めつけてしまいます。

しかし、あなたの肩こりが治らないのにはきちんとした理由があります。

そこで今回は、なかなか肩こりが良くならない方の本当の理由はなんなのかということについて

解説をしていきたいと思います。

長年肩こりに悩まされている方はこの記事を読んで解決につなげてくださいね。

 

 

肩こりでやってしまいがちな間違った対処

TRTM9725_TP_V

肩こりを解消しようとして今までにいろいろな対処をしてきたのではないでしょうか?

肩こりを治すためにいいことが出来ていれば問題ないのですが、反対に悪化させてしまうような間違った

対処もあるんです。これを知らないがために肩こりが治らないという方が多いように感じますので、

まずは間違った対処がなんなのかをみていきましょう。

 

 

・過度の安静

肩こりがあってしんどいからといって、家に帰ると横になったりしていませんか?

安静にしていても肩こりは一向によくなりません。

むしろ身体を積極的に動かしてあげる習慣を作ることが必要です。運動やストレッチを行い血流を良くして

いきましょう。肩が凝ってしんどい時こそ身体を動かしてあげたほうがいいのです。

 

 

・湿布を貼る

毎日のように湿布を肩のしんどいところに貼っている方もいますが、湿布は肩こりを治すものではありません。

気持ちが良いので、効いているような感覚にはなりますが、そこ止まりです。

湿布を肩こりの治療として貼り続けている方はいつまで経ってもよくなりませんよ!

しかし湿布を貼る方は治すつもりというよりかは、その場が楽になればという思いで使っている場合が多いように

感じます。

 

 

・強いマッサージを受ける

肩こりでリラクゼーションマッサージに通っているという方はとても多いような気がします。

60分〇〇〇〇円とかいうやつです。

マッサージは治療として使うこともあるのですが、ただ筋肉を強く押したりというマッサージでは

余計に筋肉を硬くしてしまうので逆効果になってしまうんです。

そしてこの刺激の強さに身体はどんどんと慣れてきてしまうため、より強いマッサージを求めるようになります。

そんなことを続けているうちにあなたの筋肉はどんどん硬くなっていくのです。

 

 

・冷やす

肩こりは炎症が起きているから冷やせという意見がありますが、慢性的な肩こりの場合は炎症は起きていません。

肩が凝って辛いと感じている原因は老廃物が身体に溜まっているからなので、それを循環して代謝しなければ

なりません。循環させるためには体温をあげる必要がありますので、冷やすことはやめておきましょう。

冷やすことが適切なものは、足首を捻挫して腫れている時などになります。

肩こりではお風呂に入ると楽になるという方がほとんどだと思いますが、血流が良くなることで溜まった老廃物が

流されている証拠なんですね。

 

 

痛み止めの薬を飲む

これはみなさんわかっていると思いますが、対症療法というものになります。

肩が凝って痛い、つらいという状態を感じなくさせるために薬の力を使っているだけなので、

薬の効果が切れるとまた肩こりが出ます。

肩こりより、頭痛や腰痛で飲むという方が多いですが、根本的な解決にはなっていません。

 

 

肩こりで行いたい正しい対処

FBPAKU3311_TP_V

上記のような肩こりでやってしまいがちな間違った対処が5つありますが、この中のものをずっと続けてしまっている

なんてことはありませんか?あなたの肩こりが治らない理由は簡単で、その対処が正しくないからということに

尽きます。正しい対処をしっかりと行えば、あなたの肩こりも解決に向かいます。

では、どのような対処が肩こりを解決する上で正しいものになるのでしょうか?

それを以下にご紹介していきます。

 

 

・身体を動かす

運動をすることは、筋肉の血流を促進するのに加えて、筋力低下を防ぎます。

筋肉は使わないとどんどん衰えてきて、疲労しやすくなります。

肩甲骨周りを意識的に動かしたり、ウォーキングをしたりするなどして身体を動かすことを意識しましょう。

 

 

・温める

先ほどは冷やさないようにとお伝えしましたが、慢性的な肩こりも場合は疲労物質を身体の外にどんどん

出していきたいのでお風呂にゆっくり浸かるなどして温めるようにしましょう。

冷やしていい時は局所が炎症を持っている時などです。それ以外の時に身体を冷やすことはよくありません。

 

 

リラクゼーションマッサージではなく整体で治療を受ける

気持ちよさでいうとリラクゼーションマッサージが圧倒的だと思います。

それで肩こりが治ればいうことがないのですが、あなたの肩こりは治っていますか?

肩こりを治すということが目的なのであれば、肩こり整体を受けることがおすすめです。

整体は人間の持っている自然治癒力を高めて、肩こりになりにくい身体を作ることを目的にしています。

人間の身体の構造をしっかりと理解した、国家資格を持った人から施術を受けるべきでしょう。

 

 

【見直そう!】肩こりの正しい対処と間違った対処について まとめ

tsuchimoto0I9A6548_TP_V

肩こりの正しい対処と間違った対処について解説してきました。

間違った対処というのは、治療ではなく対症療法と呼ばれるようなものであることが多いです。

湿布や薬がその例になります。

また、肩こりの治療をしているはずが、全く効果がなかったり逆効果になっていることもよくあります。

そうなってしまうと、治りが悪くなってしまいますので、早くに正しい対処を行いたい所です。

今回は具体的な方法は書いていませんが、肩こりを改善したいと思っている方はこれらの事を守ってもらうと

必ず良くなっていきますよ。最後までお読みいただきありがとうございました。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。