ブログ blog

00_PP27_PP_TP_V

デスクワークを仕事にしている方は近年急速に増えてきています。

世の中が便利になることはすごくいいことですが、その弊害として身体の痛みや不調を訴える方も増えています。

デスクワークをしている方に特に多いのが腰痛です。

腰痛で来院された患者さんに「仕事はなにをされていますか?」と聞くとデスクワークの方がとても多いんです。

それだけ座り続けるということは腰に悪いということなんです。

一見、座るという行為は腰に悪くないと思いがちですが、実は立っている時よりも大きな負担になるのです。

デスクワークをしている人は腰痛が職業病になっているので、なんとかしてうまく対処をしたいところです。

そこで今回は、仕事がデスクワークをしている方で腰痛を感じている方ができる対処法を3つご紹介

していきたいと思います。これからも今の仕事を続けていくためにも今のうちにしっかりとした対処を覚えましょう。

 

 

デスクワークの方に腰痛が多い原因とは?

helpIMGL6247_TP_V

デスクワークでずっと座っていることが原因で、腰痛になってしまう原因をしっていますか?

主な原因は2つありますので解説していきます。

 

 

・同じ姿勢を続けている

ずっと同じ姿勢を維持するということは筋肉に大きな負担をかけることになります。

例えば、歩いている時には身体が動いていますので、筋肉もいろいろな箇所が使われることになります。

しかし、歩かずにその場で2時間立ちっぱなしで維持してください。となると、ずっと同じ筋肉が使われて緊張すること

になります。そうなると筋肉は硬くなり痛みを感じるようになります。

仕事の中で、デスクワークになると身体の動きは極端に減ってしまいます。

これが腰痛になりやすい原因の1つです。

 

 

・座っている時に腰にかかる負担が大きい

立っている時には身体の重みを下肢などにも分散できるため、腰にかかる負担を減らすことができます。

しかし、座っている時には上半身の重さをすべて腰で支えるような形になってしまいます。

これはどんな方でも例外なく座っている時の方が腰にかかる負担が大きくなります。

デスクワークをしている方は、腰にとってはすごく悪いということをまずは理解してください。

 

 

デスクワークの腰痛に対してできる3つの対処法

cc0160160836_TP_V

腰痛になってしまいやすい原因としてはこれらの2つがありました。

 

・同じ姿勢を続けている

・座っている時に腰にかかる負担が大きい

 

これら2つの主な原因に対してできる対処法をご紹介していきます。

 

 

・姿勢をこまめに変える

仕事に集中するあまり、何時間も同じ姿勢を続けることはよくありません。

今は腰痛を感じていなくても、腰痛が出てくるのは時間の問題です。

座りながら姿勢を変えるということで思いつくことは、足を組んだり組み変えることだと思いますが、

足を組むことはなるべくやめたほうがいいでしょう。もし組むのなら、左右均等に組むようにしてください。

どちらか片方だけ組んだりしていると、骨盤の歪みに繋がってしまうからです。

その他には、たまに腰を回してみたり、可能であるならば立ち上がる事が1番おすすめです。

立ちあがって少し歩くだけでも、腰の負担を逃がすことができるからです。

要は、負担を逃がすことを意識して、身体を動かすようにすることが大事なんです。

 

 

・整体などのメンテナンスを定期的に受ける

仕事で座るのを避ける事はできないと思いますので、確実に溜まっていく負担やストレスをその都度取っていく作業

もしていかなければなりません。車は定期的にメンテナンスや車検をすると思います。

それによって、故障なく走り続けることができるのです。

そのメンテナンスは人間にももちろん必要で、自分の身体となるとそのことを忘れてしまう、意識がないという方が

とても多いのです。私たちの身体は万能ではなく、疲労がたまると痛みや不調が必ず出てきます。

それがひどくなって、仕事ができなくなる前にしっかりとメンテナンスをしていきましょう。

 

 

・積極的に身体を動かす

デスクワークをしている方は他の人より身体を動かすことが圧倒的に少ないので、その分休みの日などに

身体を動かすような習慣をつけましょう。

腰にいいとされる運動は、ウォーキングやストレッチなどでこれらは簡単に誰でも始められるはずです。

ゴルフで身体を動かしているという方は、むしろ腰にとってはストレスになります。

休みの日に1日中パチンコで座っている方や、ゴロゴロしているという方は腰痛になるリスクを高めてしまいます。

 

 

 

【3つの対処法】デスクワークの人に多い腰痛とは まとめ

PAKUIMGL9554_TP_V

デスクワークの人に多い腰痛の原因と対処法について解説してきました。

座っている事が腰に負担をかけるのに加えて、その状態のまま動かずに座り続けることが腰痛を引き起こしてしまう

原因になっていますので、対処としては3つありました。

 

・姿勢をこまめに変える

・整体などのメンテナンスを定期的に受ける

・積極的に身体を動かす

 

この3つを意識して行うことができれば、あなたがデスクワークをしていても、腰痛を感じる事は少なくなっていきます。

これらの対処法は簡単ではありますが、続けることが難しいのです。

自分の身体に気を配ることは、意識しないと始めはできないからです。

これら3つを習慣づけてしまえば、腰痛なんて本当に出なくなりますよ。

腰痛に対する整体治療は当院で行う事ができますので、腰に痛みのある方はご相談くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。