ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

ある日突然腰に激痛が襲うぎっくり腰・・

一度なってしまうと繰り返してしまうこともよくあります。

今日はぎっくり腰についてお話していきます。

2c94dbce

 

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰とは 急に腰が痛くなることをひっくるめていいますが

正式名称を「急性腰痛症」といいます。

これになってしまうと仕事や日常生活で痛みに追われて大変です。

急に激しい痛みが襲ってくるのでドイツ語では魔女の一撃ともいわれています。

 

ぎっくり腰の原因は?

朝起きて洗面所で顔を洗う時の前かがみの姿勢や重い荷物を持ち上げたりした時

など痛くなった原因がはっきりしている人もいますが、特に思い当たる原因がないのに

痛くなったという人もいます。思い当たることがなくてぎっくり腰になった場合は

それまでに腰に対して負担をかけ続けて、一気に爆発して痛みが出るのです。

日頃から腰を酷使しているだろうなと感じる人はいつぎっくり腰になっても

おかしくないので気を付けましょう。

 

症状

ぎっくり腰の痛みの特徴としては、身体を動かした時に痛むことです。

安静に横になっているときなどは痛みが出ません。

多いパターンとしては

・寝返りを打つのが大変、時間がかかる

・歩くのも痛みでゆっくりになる

・腰を前にも屈めないし後ろに反ることもできない。

・くしゃみや咳で腰が痛む

・痛みで冷汗がでたり、顔が引きつることがある

 

上記のような症状はぎっくり腰の程度によってことなります。

また、腰のどの部分の組織を傷めて痛みが出ているのかにもよって変わります。

 

治療

ぎっくり腰になってしまったら、まず痛みが強すぎて簡単に動いたりは

出来ない状態がほとんどだと思います。このときに自分で痛みがなくなるまで我慢

したり、シップやロキソニンで様子を見たりすることはおすすめしません。

なぜならほとんどの確率でぎっくり腰が再発するからです。

ですので痛みの程度にもよりますがなんとか歩けるのなら、治療を受けたほうが良いです。

そうすることによって治る期間が早くなりますし、再発も防ぐことができます。

治療したものを平均すると完全に痛みがなくなるまでに1週間くらいです。

日に日に痛みの度合いが減っていき1週間後に0になるイメージです。

治療は可動域を少しずつ無理のない範囲で広げていきます。

 

ぎっくり腰の間違った対処

痛いからといって冷やしてしまう

ぎっくり腰の場合は炎症が起きているからはじめは冷やしたほうがいい

と書いてあることが多いと思いますが、必ずそうではありません。

なにで判断すればいいかというと実際に冷やしたり温めたりしてみて、例えば

温めると痛みが増すという場合は炎症が起きているので冷やしましょう。

といった感じで試してみてください。

 

・安静にしようと1日中、横になっている

痛みがあると1日中安静にしていたほうが早く治ると思いがちですが、

そうではありません。その反対に回復を遅らせてしまいます。

姿勢を少しずつでも変えながら過ごすほうが良いです。

立ってみたり、座ってみたり、軽く歩いてみたり、少しずつです。

 

・痛み止めを飲む

痛み止めを飲み、痛みだけをわからなくして多少動けるようになる。

から動いてしまうと腰の組織はさらに悪くなります。

身体は正常な反応として痛みを出して、身体の動きを制限しているのです。

制限を薬で解除してしまって動くのは危険です。

 

はじめてぎっくり腰になってしまった時は本当に痛いので

パニック気味になってしまう人もいます。

自分で勝手に判断しないでご相談ください^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。