ブログ blog

茨木市真砂の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

温湿布・冷湿布は、肩こりや腰の痛い、つらい場所に貼ることで、症状が楽に感じます。

楽に感じているだけで、治っているわけではないのですが・・

なぜ楽に感じるのでしょうか?

3483-450x337

 

脳に痛みを伝える神経線維よりも、「湿布を貼って冷たい、温かい」という感覚を伝える神経線維の方が太く、速く脳へ湿布の気持ちよい感覚を伝えるため、湿布を貼ることで痛みが緩和されたように感じるのです。

湿布には、消炎・鎮痛剤が含まれているため、打撲や捻挫などには有効ですが、慢性的な肩こり・腰痛に使っても効果があるように感じるだけで良くはなりません。

 

 

温シップと冷シップでは成分に違いがありますが、身体を温めたり冷やしたりする効果はないといわれています。

温シップには温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシンが、冷シップには、冷たさを感じるメントールが配合されており、皮膚感覚に違いを出します。

どちらの湿布も、血流を変化させるほどの筋肉の温度変化はみられません。

 

 

慢性的な肩こりや腰痛の場合は、シップを貼ってごまかすのではなく しっかりと原因に対して治療していく必要があります(^^)v

 

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。