ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

肩が痛くなって動かせなくなったりすることがよくあります。

痛くなるきっかけがある場合と、なにもしていないのに突然肩が痛くなることがあります。

一度痛くなるとなかなか厄介です。

五十肩とよばれていますがそれについてお話ししていきます。

kansetsutsuu_kata

 

 

五十肩とは?

50代の人に最も起こりやすいことから五十肩と呼ばれています。

なぜ50代に多いのかというと、肩の内部の筋肉や関節が退行変性(老化)によって

血流が悪くなったりしやすい状態になり、ふと物を持ち上げたりした時などのきっかけ

から肩が痛くなることが多いです。肩関節周囲炎が正式名称ですので肩に炎症が起きて

痛みが出ています。肩こりと混同される方がいますが分けて考えてください。

 

五十肩の原因

炎症を起こして痛みの原因となる所が腱板という肩の動きにかかわる筋肉に

なります。腱板は4つの筋肉で構成されており、(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)

最も痛めやすいのが棘上筋になります。この筋肉は血流の少ない部位であり、いったん

傷つくと修復されにくいです。またこの棘上筋は腕を挙げる時に上腕骨と肩峰の間で

挟みこまれやすくなります。このような機械的ストレスが長期間繰り返されることに

よって腱板が炎症を起こして、関節などにも炎症が波及するのが五十肩なのです。

 

症状

肩関節の可動域制限と痛みです。

肩が痛くて動かせない、動く範囲が限られているなどです。

安静にしていても痛みが強い場合や夜痛みで目が覚めるような場合には

腱板断裂や石灰沈着性腱板炎などが疑われます。

五十肩の症状でどの状態で痛みが出るのかという所がすごく大事です。

 

治療

五十肩は痛みの出始めの初期は炎症が強いため、痛みが強くなる傾向にあります。

この時期には肩関節を動かすことなく、安静にして局所の消炎に努めます。

初期からそこまで痛みが強くない場合には関節可動域訓練をしていきます。

炎症が少し静まり、痛みが少し弱くなってきたくらいで徐々に肩を動かしていきます。

可動域を拡げていかないと、肩関節が癒着してしまい強直してしまいます。

こうなってしまうと肩をどれだけ動かしても元に戻ることはありません。

五十肩治療で重要なのは肩を動かし始めるタイミングを見誤らないということです。

可動域訓練を行い、痛みが完全に消失し、動きの問題がなくなるまでにかかる期間は

早くて3か月、遅くて1年程度かかってしまいます。

五十肩は治癒するまでに期間を要しますので途中で治療がしんどくなりやめて

しまったために肩が癒着してしまう人がおられます。

 

肩に痛みを感じたら?

動かした時のみに痛みがあるのか、安静にしていても強く痛むのか・・など

痛みの度合いと出方によって五十肩でも対処は変わってきます。

肩が全く挙がらない、夜中に痛みで目覚める、安静にしていても痛い場合は

一度病院にいきましょう。石灰沈着性腱板炎の場合も考えられます。

肩の痛みは生活に困るので、痛みをなるべく早く取りたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。