ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

40~50代を中心に肩の退行変性(老化)による肩の痛みや可動域制限を

総称して五十肩といいます。

kataitami

 

五十肩にも種類がありますが、肩を動かした時に痛みが強く出ることが多いです。

この五十肩は放置していても治るのですが、痛みは消えても肩が固まってしまい

動かなくなってしまうことがよくあります。

 

これを関節拘縮(かんせつこうしゅく)といいます。

肩が痛むために長期間動かさない場合に肩の関節包が癒着してしまうのです。

 

こうなってしまうと肩が思うように動かないまま一生生活することになります。

これを避けるためにも、五十肩かな?と感じた場合は治療しながら治していくこと

が大切です。

 

関節可動域訓練といって、肩を痛みの出ない範囲で動かしていき、

肩の拘縮を防ぎます。

 

この関節可動域訓練も行うべき適切なタイミングがあります。

 

このように五十肩を放置してはいけない!ということを知っていただくことで

痛みが出てしまった場合は油断せずすぐに治療していきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。