ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

手にしびれを訴えるものによくあるのが正中神経が圧迫されて起こるものが

あります。

 

正中神経は肘の内側から筋肉の間を通ったり、手首のトンネルをくぐりぬけたり

しながら、指先に走行します。

 

この正中神経が圧迫を受けやすい場所が2つあります。

・円回内筋を通過する部位

th

・手首の手根管

 

今回は円回内筋のところで圧迫される円回内筋症候群について書いていきます。

 

まず、円回内筋とは前腕にある筋肉で、水道の蛇口を開ける方向に力を入れるときに

使われる筋肉です。

 

大工さんでドライバーを使ったり、前腕の筋肉を酷使する方に多く発生します。

 

症状としては肘の前面の痛みや、手のしびれや知覚障害です。

手のしびれは小指以外の3~4本がしびれます。

物を握ったりなどの指先の動作が辛くなってきます。

 

手根管症候群と円回内筋症候群の見分けることができずに、

すべて手根管症候群と決めつけられてしまうことがありますが治療が違ってくるために

鑑別は重要です。

 

治療法については次回書いていきますね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。