ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

腰を回したり、反ったりしても痛くないのに

身体を前にかがむようにした時だけ腰が痛くなる場合次のようなことが考えられます。

youtsu_woman

 

筋筋膜性腰痛

前にかがむような姿勢を取ったときには背筋が伸ばされた状態になります。

身体が前に倒れないように背筋が引っ張るんですね。

人間の身体はそうやってバランスをとります。

 

このような姿勢を続けていると、背筋が疲労し痛んできます。

このような筋肉由来の腰痛を筋筋膜性腰痛といいます。

 

椎間板ヘルニア・椎間板症

前かがみで筋肉が疲労し弱ってくると、次に影響を受けるのは椎間板になります。

この姿勢は椎間板の中の圧力が上がりやすいので仕事などで前かがみの姿勢ばかり

取る人は注意しなくてはいけません。

 

仕事などで前かがみの姿勢ばかり取ってしまう人や荷物を持ち上げる動作を

繰り返す人などは、必ず腰の筋肉が疲労し痛みがかなりの確率で出てしまいます。

 

物を持ち上げるときの姿勢や日頃の疲れを溜めないように心がけましょう。

自分の身体にも気を配ってあげることも大切ですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。