ブログ blog

TSU86_iejiwoisogu_TP_V

足のしびれといって思いつくものに、正座をしている時の足のしびれを思い浮かべる方が多いかと思います。

正座をしていることで、血流が制限されることが原因なのですが、正座をしていなくても足がしびれてしまうことが

あります。それは坐骨神経痛かもしれません。

このような坐骨神経痛は放置してしまうと悪化して、治りずらくなってしまうため早急に対処すべきです。

最近足がしびれ始めたという方や、しびれた状態が長く続いているという方は必見です。

なぜ足がしびれるのか、またその時にどう対応すればいいのかについて解説していきたいと思います。

 

 

坐骨神経痛による足のしびれとは?

max16011508-2_TP_V

なにもしていないのに足がしびれる場合には、坐骨神経痛である可能性が高いです。

坐骨神経痛は病名ではなく症状名なので、坐骨神経痛を引き起こす原因となる疾患があります。

それらの疾患には次のようなものがあります。

 

 

・腰椎椎間板ヘルニア

背骨は骨だけで構成されているのではなく、骨と骨の間に椎間板というクッションを挟んでいます。

この椎間板があるおかげで地面からの衝撃を吸収してくれることができるのです。

腰椎椎間板ヘルニアでは、この椎間板に負担がかかり続けることで圧力が高まり、破れて外に飛び出てしまい

それが神経を圧迫することによって足に痛みやしびれを出します。

椎間板ヘルニアは身体を酷使しやすい若い世代に多発することが多いです。

椎間板の内圧も若い時の方が高く、年を重ねるにつれて低くなってくる傾向にあります。

 

 

・腰部脊柱管狭窄症

脊髄神経の通り道である脊柱管と呼ばれる骨のトンネルが狭くなってしまうことによって神経を圧迫してしまい、

足のしびれや腰痛を出すことをいいます。

脊柱管が狭くなってしまう原因にはいくつかありますが、中でも多いのは老化による骨の変形によるものです。

ですので、腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多い疾患になります。

また脊柱管狭窄症の場合は、長い時間歩くことができなくなる間欠性跛行といった症状が見られることが多いのも特徴です。

 

 

・梨状筋症候群

坐骨神経は腰から始まりお尻を通過するのですが、その時に梨状筋という筋肉の下を通過します。

梨状筋は負担がかかりやすく、硬くなって緊張している状態になっていると坐骨神経を圧迫してしまうことがあります。

梨状筋症候群は上の2つの疾患と比べて、筋肉が原因による疾患なので病院で検査を受けても原因不明とされることが

よくあります。この梨状筋による坐骨神経の圧迫は実はかなり多いとされています。

椅子に座っているだけでも坐骨神経が圧迫されている状態になっているからです。

梨状筋は圧迫を受けやすい位置にあるということと、坐骨神経の走行からしても坐骨神経痛がとても起きやすい状態

であるといえます。

 

 

足のしびれを感じたら?

OOK9V9A6892_TP_V

足のしびれはいつ誰に起きてもおかしくありません。

お尻から太もも、脛にかけてしびれたり痛みが出た場合はすぐに対処することが大切です。

いつか治るだろうと思って放置していたがために、慢性化してしまい治りづらくなってしまうことがよくあります。

次に足のしびれを感じた時にどのように対処すればいいのかについて解説していきたいと思います。

 

 

・整形外科を受診する

足のしびれを感じた時には、まずは整形外科を受診しましょう。

画像検査を受けて、骨に異常がないかを診てもらってください。多くの場合はここで異常が見つかることは少ないのが

現実です。骨が少し変形しているや、椎間板が少し狭くなっているなどはよく言われますが、これらが決定的な原因で

あるとは限りません。画像検査で明らかに神経を圧迫していたり、明らかな病変がある場合を除いては断定的な判断と

なってしまいます。画像検査での異常が見られなかった場合には治療として痛み止めの薬を処方されることが多いですが、

ここでただ薬を飲み続けるというだけでは、坐骨神経痛は治りません。

では、坐骨神経痛を治すためにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

・身体を治療していく

坐骨神経痛を根本的に治すために必要なことは身体を治療することです。

身体を治療するとは、マッサージを受ければいいのでしょうか?電気を流せばいいのでしょうか?

いろいろな治療や方法がありますが、肝心なことは身体で起きている坐骨神経痛の原因に対して治療ができるかということ

になります。「なぜ坐骨神経痛が起きているのか?」これをはっきりさせるには検査を正確に行う必要があります。

画像検査で原因がはっきりしない場合でも、実は筋肉が硬くなっていたりして坐骨神経痛が出ていることがよくあります。

そこに対する治療ができれば治療法はなんだって構いません。

また、治療以外にも日常生活でも過ごし方もすごく重要になります。

ずっと同じ姿勢でいることが多かったり、運動不足だったりする場合は坐骨神経痛は治りにくくなります。

 

 

茨木はなおか整骨院での坐骨神経痛治療

pic01

当院での坐骨神経痛に対する治療をご紹介します。

当院ではまず検査の時に、立った状態と座った状態での重心バランスをチェックして偏りがないかを診ていきます。

その後に骨盤に歪みがないかを診て、その方の身体の歪みの有無や重心の崩れの有無を診ていきます。

また、その方の生活習慣や身体の使い方や癖を詳しくお聞きしていき、坐骨神経痛を誘発しているものがないかを

探していきます。その後に検査と生活習慣を踏まえて、どのくらいの回数で改善が見込めるのか、どのぐらいの頻度で

治療をしていく必要があるのかなどをお伝えしてから治療に入ります。

治療内容としては、痛みを伴わない手技による骨格矯正、筋肉に対する施術をメインに行います。

坐骨神経に対応する部位はもちろん、その他の全身からアプローチを行い身体のバランスを正常に整えていきます。

そして、治療後の過ごし方や注意点などをお伝えして、少しでも早い坐骨神経痛の改善に導いていきます。

 

 

坐骨神経痛によるしつこい足のしびれについて まとめ

PAKUIMGL9508_TP_V

坐骨神経痛を引き起こす原因と対処について解説してきました。

坐骨神経痛は原因もたくさんあり、足のしびれや痛みの強さも違えば、出る場所も変わってきます。

どれだけ症状が出てから素早く対処できるかどうかが坐骨神経痛を早く改善するポイントになります。

通常であれば、しびれを感じたりすることはあり得ないので少しでも違和感を感じたらすぐに医療機関を受診

することをおすすめします。足のしびれには坐骨神経痛が関与しない血管性のものも稀ではありますが存在しますので

どちらにしても注意が必要です。当院は坐骨神経痛の施術を得意としておりますので、足のしびれや痛みでお悩みの方は

お気軽にお問合せくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

3年以上よくならない腰痛・肩こり専門院 茨木はなおか整骨院

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。