ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

成長期のスポーツをしている子ども(特に小中学生)に多い腰椎分離症についてお話します。

子どもさんで腰が痛いといった場合よくあるパターンです。

 

腰痛分離症とは?

20100106_953646

写真の場所が腰椎の関節突起という場所ですが、この部分の骨の連続性が断たれた状態

を腰椎分離症といいます。

5番目の腰椎によく発生します。

まだ筋肉がしっかり発達していない時期に過度の運動などによってストレスが加わり、

腰椎が疲れて骨折してしまうのです。(疲労骨折)

実は中学生の時に僕もこの状態になっています・・

 

腰椎分離症の症状

腰部の痛みやだるさなどがあり、腰を後ろに反らせると痛みが強くなります。

稀に分離していても無症状の場合があります。

長時間立っていると腰がだるくなったりしたりします。

 

腰椎分離症の診断

レントゲンによる画像診断で簡単にわかります。

 

治療・対処法・注意点

整形外科で腰椎分離症と診断され、スポーツはせずに安静に。といわれ

コルセットをもらうというのが一般的な治療法ですが、体幹の筋肉をトレーニング

しながら、痛みをコントロールしていけば完全安静にしなくてもいいと思います。

もちろん程度によっては安静が必要な時もあると思いますが。

腰椎を牽引したりする治療は全く根拠がないです。

ひとつ注意点としては分離・すべりといって、腰椎分離症は骨の連続性がなくなっている

状態なのでその腰椎が前にスライドするような形ですべっていき、神経などを圧迫して

しびれが出たりする場合もあります。

 

こうならないようにしないといけないので、安静と体幹トレーニングなどのバランスを

とりながら治療もプラスして早期回復を目指します。

腰回り、下肢の筋肉がしっかり機能できるようにアプローチしていきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。