ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

今日は椎間板ヘルニアについてお話していきます。

病名の中でも比較的聞いたことのある方が多いのではないでしょうか?

fotolia_77433927_subscription_monthly_m-1024x683

 

椎間板ヘルニアとは?

脊椎の骨と骨の間に椎間板とよばれるクッションの役割を果たしてくれるものが

あります。人間は2足歩行のため重力が常にかかるため椎間板にはストレスがかかります。

この椎間板は2層構造になっており、外側を繊維輪、内側を髄核と

いい、内側の髄核がなんらかの原因で繊維輪を破って外に飛び出すことを

椎間板ヘルニアといいます。椎間板ヘルニアは首にも腰にも起こりますが、

腰部椎間板ヘルニアがとても多いです。

 

椎間板ヘルニアの原因

環境的な要因と遺伝的な要因があります。

環境的要因としては、椎間板にストレスをかけることにより起こります。

例えば、重い荷物をよく持つ人や同じ動作を繰り返したり、スポーツで腰に負担を

かけるアスリートにもみられます。

遺伝的要因としては生まれつきにヘルニアは遺伝しやすいといわれています。

骨格の構造上や身体の作りがヘルニアになりやすい特徴を持っているとなりやすい

といえます。椎間板にストレスをかけ続けると椎間板内圧が上昇し、やがてそれが

限界に達したときにヘルニアの状態になってしまいます。この椎間板は若い方は水分含有量

が高いためにヘルニアが多いのも20~40代となっています。

 

症状

はじめは腰痛として感じることが多いです。

その後に臀部の痛みや足の痛みやしびれを伴ってきます。

この足に出る症状はほとんどが片側性です。

また、筋委縮や筋力低下がおこることもあり、片足だけ大腿部の筋肉が痩せてきたり

歩いていると膝がカクっと脱力するような膝折れがみられる場合があります。

多くのヘルニアでは飛び出した髄核が片側の神経根を圧迫するケースがほとんどですが、

ヘルニアが大きく飛び出した場合は脊髄神経を圧迫してしまうために排便・排尿障害が

みられます。このような場合には緊急を要します。

 

検査と診断

腰痛やしびれや下肢痛がある上に画像所見でヘルニアが確認された場合に

椎間板ヘルニアと診断されます。

ヘルニアはレントゲンで診断することはできないため、MRIでの診断になります。

あくまでも症状と画像検査の一致することです。

 

治療

保存療法と手術という選択肢がありますが、ほとんどの場合保存療法を選択します。

整形外科的な治療ではコルセットでの安静や消炎鎮痛剤の処方、ブロック注射など

になります。痛みが強い場合に痛みを一時的に止めるための治療になります。

手技療法や鍼を使った治療も根本的な治療としては最適です。

なので整形外科的な治療で痛みをコントロールしながら根本的な手技によるリハビリを

していくのがベストです。

麻痺が進行してだんだんひどくなる場合や排便・排尿障害が出た時は手術を

検討します。ヘルニア全体でみると手術に至るものは少ないです。

術式は色々ありますが、手術をしても再発する可能性もありますのでお医者さんから

しっかりと説明を受けるようにしてください。

 

 

 

椎間板ヘルニアと聞くと、すごく大変な病気と考えてしまいますが、意外とそうでは

ありません。正しい知識を持って治療をするあなたがしっかりと選択する必要があります。

ほとんどのヘルニアが3か月ぐらいで症状が軽快してきますので必要以上に心配

しないようにしましょうね^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。