ブログ blog

茨木市真砂の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

今日は、腰痛の原因の一つでもある椎間板ヘルニアについて書きます!

 

腰が痛いとまず、整形外科でレントゲンやMRIを撮ってみる方は多いと思います。

 

レントゲンでヘルニアは移りませんが、MRIで椎間板が神経の方に出っ張っていると、病名は椎間板ヘルニアになります。

 

70832c6e

 

上の画像では、椎間板と呼ばれるクッションの役割を果たすものが、後方に突出して後ろの白く映っている神経を圧迫しています。

 

このヘルニアという状態がいつも痛むかといえばそうではなく、出っ張りに炎症が加わって初めて痛みが出るのです。

なので、痛みが全くないヘルニアも結構あります。腰痛の全くない人を10人集めて腰のMRIを撮れば一人二人は無痛性のヘルニアが見つかるといわれています。

 

ですから画像検査などヘルニアがあったからといって、あまり気にしすぎないでくださいね(^^)

 

ヘルニアの9割は 保存療法(手技によるアプローチや筋力訓練)で改善します!

 

とはいえ電気を当てたりするだけでは全く良くなりませんよ~・・  正しいアプローチが必要です。

 

 

ヘルニアについて患者さんからの質問が多かったので書いてみました!(^^)!

 

ではまた更新します!

 

 

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。