ブログ blog

茨木市真砂の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

今日は毎日の入浴方法について書いていきます。

もしかすると、間違った入り方をしていて逆に身体を疲れさせているかもしれません・・

icon01_img_008

 

入浴で疲労回復する場合、体温を1℃上昇させることが理想といわれています。

1℃上昇させるためにはお湯を40℃ぐらいの温度にして、浸かる時間は15分程度

お湯の水位は肩までつかるぐらいが理想的です。

 

肩まで浸かる場合、お湯の温度が42℃ぐらいだと、熱すぎて身体が余計に疲労してしまいます。

熱いお湯に我慢して浸かっても意味はありませんので気を付けてくださいね(-_-;)

 

 

そしてお風呂から上がったら、身体を冷やさないように注意してください!

 

毎日のことなので正しい入浴方法を意識して1日の疲れをしっかり取っていきましょう(^^)

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。