ブログ blog

N811_toridashitajyouzai_TP_V

坐骨神経痛はある日突然やってきます。

お尻から足にかけての強い痛みやしびれが1日中付きまといます。

そんな時にとりあえずこの痛みをどうにかしたいという思いで自宅にある痛み止めや病院で処方された薬を飲むという方が

とても多いんです。しかし、この痛み止めの薬は坐骨神経痛によって効くものと効かないものに分かれてきます。

 

痛み止めを飲んでも痛みが引かないと本当に焦ってしまいますよね。

ただ、こういうことは意外とたくさんあるんですね。

坐骨神経痛に痛み止めの薬が効かない理由はもちろんあります。

 

そこで今回は坐骨神経痛があって痛み止めの薬を飲んでいるのに効かない理由や、そんな時の対処法

また、痛み止めの薬の正しい使い方について解説していきたいと思います。

 

 

坐骨神経痛に痛み止めの薬が効かない理由

ookawaIMGL2425_TP_V

坐骨神経痛にはいくつかの原因があります。

次のような疾患になっている時には坐骨神経痛を引き起こします。

 

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・梨状筋症候群

・椎体圧迫骨折

・腰椎すべり症

・筋肉疲労

 

細かく挙げるとこの他にもありますが、原因として多いのはこのようなものになります。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症では神経由来の痛みですが、梨状筋症候群や筋肉疲労は筋肉由来の痛みになります。

このような坐骨神経痛の種類がある中で、痛み止めの薬として処方されるのがリリカやロキソニンです。

 

リリカは神経が原因の痛みに効果があり、ロキソニンは炎症による痛みを抑える効果があります。

神経や炎症が起きていることによる坐骨神経痛には効果がありますが、筋肉が原因のものに対しては効果がありません。

 

そして、坐骨神経痛で痛み止めの薬が効かない方が多くいるということは、その痛みやしびれを引き起こしている原因が

筋肉にあるということを表しています。筋肉が硬くなり緊張することによって坐骨神経痛が出てしまっている方が

とてもたくさんおられます。では、このような時にはどう対処すればいいのでしょうか?

 

 

痛み止めの薬が効かない坐骨神経痛の対処法

tsuchimoto0I9A6485_TP_V

痛み止めが効かない場合、筋肉に原因があるということになります。

そのような時にはどう対処すればいいのでしょうか?

 

 

・筋肉にアプローチをかける

まずは固まってしまっている筋肉を柔らかい状態に戻してあげることが大切です。

坐骨神経痛を出しやすい筋肉はある程度決まっていて、主にお尻の筋肉が原因になっていることがよくあります。

ですので、お尻の筋肉を中心に筋肉を緩めるような治療をすることが必要です。

患者さんが痛みを訴える場所がどの辺りなのかを特定すると、障害されている筋肉もおおよそ特定することができるので、

その筋肉に対して施術をしていきます。筋肉に対してのアプローチをかけ続けると坐骨神経の圧迫も弱くなり、

痛みやしびれも軽減してきます。

 

 

・患部を温める

痛み止めが効かない坐骨神経痛の場合では、筋肉が原因であることが多いといいました。

そのような場合には患部を温めてあげると症状が和らぐことが多いです。

カイロを貼ったり、ゆっくりと湯船に浸かるなどして積極的に温めるようにしてください。

万が一、温めてから痛みやしびれが強くなるような場合には冷やすことをしてください。

冷やす際には氷嚢で行ってください。保冷剤は冷えすぎるので避けましょう。

痛み止めの飲む種類やその時の身体の状態によって温めた場合に悪化することがあれば、冷やして悪化することもあります。

そのような時は反対の対処をするようにしてください。

 

 

坐骨神経痛での痛み止めの正しい使い方

038

坐骨神経痛は痛みが強い場合がほとんどですので、痛みが我慢しづらい時には痛み止めの薬を使ってもいいでしょう。

もし薬が効いて痛みが軽減することがあればいいのですが、それで坐骨神経痛が治るということはありません。

痛み止めだけに頼って生活をするよりも、痛みのひどい時のみ服用してその間に坐骨神経痛に対する治療を受けましょう。

痛み止めが効かない時は、そのまま薬を飲み続けても変化がありませんので、こちらも早急に治療を受けてください。

坐骨神経痛は痛みが強いので、どうしても痛み止めを服用する方が多いですが、その薬が効いて痛みが治まってしまうために

また痛みが出たら飲むということを延々と繰り返してしまう方がいます。

痛みがコントロールできてしまうので、薬に依存してその他の治療に目が向かなくなっていきがちです。

痛み止めはあくまで対症療法であるということを頭に入れておきましょう。

 

痛み止めを飲んでも効果がない坐骨神経痛について まとめ

012MIZUHO171010_TP_V

坐骨神経痛があって痛み止めの薬を飲んでいるのに効かない理由や、そんな時の対処法

また、痛み止めの薬の正しい使い方について解説してきました。

痛み止めが効かない・効き目が悪いと感じる時は筋肉が硬く緊張していることが多いですので、そんな時は

治療を受けて少しでも早く改善させましょう。

茨木はなおか整骨院では、腰痛からくるものや筋肉由来の坐骨神経痛の治療を専門に施術しております。

坐骨神経痛は一度治ったように思えても、また再発してしまうということがよくあります。

なので当院は坐骨神経痛の改善はもちろん、再発を防ぐところまで治療と指導を徹底しております。

痛みやしびれにお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

3年以上よくならない腰痛・肩こり専門院 茨木はなおか整骨院

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。