ブログ blog

茨木市真砂の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

今日は頭痛の中でも最も多い「緊張型頭痛」についてのお話です。

 

niki226

 

 

緊張型頭痛とは?

緊張型頭痛は、頭の周りを何かで締めつけられるような鈍い痛みが数分~数日続きます。
肩や首の強いこり、めまい、倦怠感などを伴うこともあります。子どもから高齢者までどの年齢層でもみられ、ときどき頭痛がするタイプ(反復性緊張型頭痛)と、毎日のように頭痛が続くタイプ(慢性緊張型頭痛)とがあります。

 

緊張型頭痛の症状

痛む箇所は頭全体が締め付けられるような痛みです。肩こりや首のこりを伴うことがあります。

痛みの度合としては、我慢できるくらいの強さで、温めたり、肩、首の筋肉を緩めると軽減します。

 

緊張型頭痛が起こる仕組み

緊張型頭痛は、首から肩、背中の筋肉が緊張することで起こるといわれています。
筋肉の緊張が強くなると、血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸などの老廃物がたまります。それが頭周囲の神経を刺激し、締めつけられるような痛みを起こします。また、精神的ストレスも緊張型頭痛を引き起こす原因です。神経の緊張が毎日のように続くと、脳に備わっている「痛みのコントロール機能」が正常に機能しなくなり、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになってしまうのです。

 

治療法、対処法

ときどき頭痛を感じる反復性緊張型頭痛は、一時的なものなので 筋肉を緩めたり温めることで軽減します。

よく薬を飲む方は慢性緊張型頭痛の方が多いかと思います。

痛みが毎日のように続く慢性緊張型頭痛は、鎮痛薬を使用してもあまり効果はありません。しかし、痛いからといって毎日のように鎮痛薬を飲むことにより薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)を起こすことがあるので、注意してください。

慢性緊張型頭痛は 頭痛を引き起こす肩周りの筋肉をやみくもにマッサージするだけでは軽減しません。当院の施術で頭痛が改善された患者さんが多くおられますので、バファリンやロキソニンの生活が続いている方はご相談くださいね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。