ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

今日は肉離れについてお話します。

 

肉離れとは、急激に筋肉が収縮した時に筋線維が損傷することをいいます。

th

 

よく陸上の短距離選手がスタート直後になることが多いです。

筋肉の伸び縮みする力が大きければなりやすいです。

 

損傷する筋肉として多いのは、腓腹筋(ふくらはぎ)、大腿四頭筋、ハムストリングス

などです。大半は下肢の筋肉です。

 

肉離れは程度により3つに分類されます。

・軽度

筋肉の結合組織が少し伸びた状態。筋繊維にはそれほどダメージがない。歩行に支障ないが、走ると痛みを感じることがあります。患部には内出血や陥没は見られない。

 

・中度

筋繊維が一部断裂している状態。肉離れに1番多い。急激な運動で発症して、患部には痛みがあり、内出血したり、陥没が見られます。歩くことが難しく運動はできない。

 

・重度

筋繊維が深く部分断裂、あるいは完全に断裂した状態。触診や視診によって、陥没が確認でき、内出血もあります。激しい痛みを伴い、自力で歩くことは不可能。

 

治療としては急性期の場合はRICE処置(安静・冷却・圧迫・挙上)をします。

痛めてから2日後ぐらいから温めたり段階的に運動を取り入れていきます。

 

運動などで急激に力を使う場合は、しっかりと身体を温めて起こしてからにしてくださいね

!(^^)!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。