ブログ blog

「毎日のように腰が痛くて、仕事に集中できない。」

 

「少しの距離を歩くだけでもつらくなり、休みながらじゃないと歩けない。」

 

「足にしびれが出てきて、夜寝ることができない。」

 

色々な症状があって、病院に行ったあなたは医師から脊柱管狭窄症と診断された。

「治すのには手術しかない」といわれ、 本当に手術しなければいけないのか、

できれば手術をしないでこの腰の痛みやしびれから解放されることはできないのか、

 

そんな思いでこのページをご覧になっている方もおられるのではないでしょうか?

脊柱管狭窄症と一言にいっても、その程度は様々です。

保存的治療(治療やリハビリ)で改善するものから、手術をするしかないものまで幅広いです。

 

できればこの記事を読んでから、あなたにあった対策をしてみてください。

 

脊柱管狭窄症ってなに?

th

人間の身体には背骨が通っています。その背骨の中には脊髄神経が通るトンネルがあります。

このトンネルの事を、脊柱管といいます。

この脊柱管がなんらかの原因により狭くなり、脊髄神経が圧迫されて腰痛や足のしびれなど

の多彩な症状を引き起こすことを脊柱管狭窄症といいます。

この狭窄が腰で起こったものを腰部脊柱管狭窄症といい、最も腰に多く起こります。

 

 

脊柱管が狭くなる主な原因としては、

加齢により骨や靭帯などが変形したり分厚くなったり、椎間板ヘルニアで椎間板が突出することに

よるものであったり、生まれつき脊柱管(トンネル部分)が狭いなどが挙げられます。

ですので脊柱管狭窄症は高齢者に多い疾患になります。

外的要因(交通事故)などでは若い方にも発症します。

 

 

この脊柱管狭窄症ですが、なにも全員が年を取れば骨や靭帯が変形して狭窄するのかといえば

そうではありません。

その方が今までにどのような生活習慣で腰に負担をかけてきたのかや、

運動習慣が全くないために、身体を支える筋力が弱かったりとほとんどの方がなるべくして

そうなっているのです。※生まれつき脊柱管が狭い場合はその限りではありません。

 

 

どんな症状があるのか?

l_079

一番多いのが腰痛やお尻、下肢の痛みやしびれになります。

脊柱管狭窄症で特徴的なのが、歩いていると痛みが出現し少し座ったり休息をとることで

また歩くことができるようになるといった「間欠性跛行」です。

ひどい場合は50mくらい歩くと辛くなり、休み、また50m歩くと辛くなるといった方もいます。

姿勢としては前かがみになることで、脊柱管の圧迫が和らぐので痛みから逃れるために

前かがみの姿勢で固まってしまうといったことがよくあります。

 

脊柱管狭窄症の種類

 

症状によっていくつかの種類に分けることができます。

タイプは3つに分類することができます。

keituisyo_02-l

 

1.神経根圧迫型

脊柱管の中を通る脊髄神経ですが1つ1つの椎体で左右の神経根を出しています。

この神経根の左右どちらかが圧迫された場合にその圧迫された方の腰や足の痛みが現れます。

左右どちらかのみ痛みやしびれが偏っているといった方はこのタイプになります。

 

2.馬尾神経圧迫型

これは脊髄神経の束が圧迫された場合に両側の腰の痛みやしびれ、脱力感、稀に排尿・排便障害といった

便や尿が出にくい、または急に耐えられなくなってしまい漏らしてしまうことが起こります。

馬尾神経を圧迫するものとしては、巨大な椎間板ヘルニアやすべり症などが考えられます。

このタイプは神経根型と比較すると症状は重いです。

 

3.混合型

混合型は上述した馬尾と神経根が同時に圧迫されている状態をいいます。

神経根型では症状が片方に出る片側性、馬尾型では両方にでる両側性、

混合型ではどちらの場合もあり得ます。

 

 

あなたが感じている症状が上記と見比べてどれにあたるか確認してみてください。

自分で勝手に決めつけるのは良くないですが、指標にはなります。

ここからそれぞれに対応した治療法が決まるので、解説していきます。

 

手術をする前に他の治療法を検討した方が良い場合

 

病院で医師から手術を勧められたしても、中にはしなくても他の治療法で改善することが

よくあります。お医者さんの中には手術を勧めたがる人もいるからです。

前述した、神経根型の症状が片側に偏っている場合は手術をしなくてもいい場合があります。

 

 

他の治療法とはたくさんあります。

薬物療法、物理療法、ブロック注射、運動療法など様々です。

そして当院が行っているような整体になります。

 

 

手術をしないという最初の選択は合っていたとしてもこの後の選択を間違えてしまう方がいます。

それは、薬物療法とブロック注射のみに依存した治療を続けることです。

これは私が整体をしているからといった理由でそう言っているのではありません。

 

 

脊柱管狭窄症で用いられる薬は主に、鎮痛剤と血液の循環を良くする薬です。

その場の痛みを和らげるという事には効果的ですが、根本的な治療になっていないので

一生薬を飲み続けることになってしまいます。

 

 

次に物理療法になります。

物理療法とは、患部を温めたり冷やしたり電気を流したりといった治療です。

これも一時的な緩和にしかなりません。

 

 

運動療法は効果がみられることが多い治療法です。

身体を使っていきながら痛みを取ろうとしているので、根本的な治療法だといえます。

いくつかご紹介したいのですが、その方、その症状によって微妙に運動方法が違ってきますので

割愛させていただきます。

 

 

そして整体治療は運動療法と同じで根本的な治療になります。

ただし、間違った整体をしてしまう所も残念ながらあります。

 

 

私が思う手術をしない場合の最善な治療は正しい整体を受けと正しい運動をし、

場合によって薬を使って痛みをコントロールしながら治療していくことです。

 

手術をしたほうが良い場合

 

脊柱管狭窄症で手術をしたほうが良い方は、排尿障害・排便障害を起こしている

または進行する筋力の低下を起こした時です。

このような場合はできるだけ早くに手術を受ける必要があります。

脊髄神経が圧迫を受けている証拠になり、放置すると神経にダメージが残ります。

 

 

しかし排便・排尿障害までの症状が出る方は稀で、ほとんどの方が手術以外の治療を

してみたが改善しないからといった理由で手術に踏み切るようです。

 

どんな手術をするのか?

 

除圧といって脊柱管を狭くしている骨や靭帯などを削り、脊柱管を広くする方法。

内視鏡を使った手術で傷口が少ないものや、骨と骨の間をチタン製の金具で固定する方法などが

あります。全身麻酔下で行われ、入院日数は1~2週間程度になりますが病院によって異なります。

費用は3割保険適応で30~60万円程になります。

内視鏡を用いた手術の場合は15万円程になります。

この手術費用の他に入院費用もかかってきます。

そして覚えておくことは、手術をしても完全に治らないこともあるということです。

痛みやしびれが取り切れずに残ってしまう方や、術前となにも変わらない方もいたりもちろん治る方もいます。

 

 

まとめ

 

ここまで脊柱管狭窄症についてお話してきました。

症状によって自分に必要な治療法を選択する必要があります。

緊急手術する必要のない脊柱管狭窄症の場合はまずは保存的治療から始める事をお勧めします。

 

身体にメスを入れるという手術はできるだけ避けたいですよね。

もしこれを読んでも自分はどうしたらいいのかわからない場合は気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。