ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院です。

 

腰に痛みやしびれの症状がある方の中に脊柱管狭窄症の方がいます。

 

脊柱管狭窄症とは?

背骨には脊髄神経が通っていますが、その脊髄神経は骨のトンネルの中を通っています。

zu

左側が正常な脊柱管です。

ピンク色の脊髄神経はまっすぐにトンネルを通っている状態です。

 

しかし右の図では椎体(腰の骨のこと)が脊柱管を圧迫することによって、

脊髄神経が圧迫されています。

このような状態になってしまうと腰痛、足のしびれといった症状が出てきます。

 

ではなぜ右の図のような状態になってしまうのでしょうか?

一番多いのが高齢になってくると骨が変形してくることによる神経の圧迫です。

一種の老化現象です。

その他には椎体に沿って靭帯があるのですが、その靭帯が肥厚(分厚くなる)することでの

圧迫。そして椎間板ヘルニアなどの椎間板の突出や膨隆による圧迫です。

 

脊柱管狭窄症になりやすい人

脊柱管狭窄症になりやすい人は、高齢者です。

それも若いころに腰を酷使するような重労働をしてきた方や、腰を痛めたことがある方

などは脊椎の変形をきたしやすいのでなりやすいといえます。

そして生まれつき脊柱管が狭い場合です。生まれつきに広い人もいれば狭い人もいます。

 

脊柱管狭窄症の症状

腰回りに痛みがあったり、重いようなだるさや足のしびれなどがあります。

症状として特徴的なのが、歩いているとだんだん足がしびれてきて歩けなくなったり、歩き

づらくなって少し休むとまた歩けるようになる。

そしてまたしびれて休んで・・という間欠性跛行(かんけつせいはこう)などの症状が

見られます。

 

この間欠性跛行は、前かがみの姿勢をとると楽になります。

つまり歩くのはつらいが、自転車には乗れてしまうということがよくあります。

自転車に乗る姿勢が前かがみの姿勢だからです。

 

前かがみの姿勢をとることで脊髄神経の圧迫が取れるため楽になります。

その反対に腰を反ってしまうと症状が強く出てしまいます。

症状がひどくなってくると、足があがりにくかったり、急に尿意をもよおしてしまう

排尿障害や便秘がおこります。

 

脊柱管狭窄症の治療選択

狭くなっている脊柱管を広げるには手術しかありません。

しかし排尿障害が出ていない場合、痛みが強すぎない場合には手術をせずに

保存療法を選択するべきだと思います。

手術を受ければすべて解決されるように感じますが、実際は手術しても足のしびれが

取れないといったこともあります。手術は最終手段にしておき、なるべくリハビリなどで

改善させていくといった意識が大切だと思います。

脊柱管狭窄症でも保存療法で改善しているパターンもたくさんありますよ^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。