ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

今日はスポーツを頑張っている中学生ぐらいの子に多い腰椎分離・すべり症について

お話していきます。

th

 

 

腰椎分離・すべり症とは?

腰椎と腰椎の後方にある椎間関節をつないでいる部分を椎弓といいます。

この椎弓が骨折をして骨の連続性が断たれた状態を腰椎分離症といいます。

分離してしまうと支持性が乏しくなるために、椎体が前方にずれて滑ってくるような状態を

分離すべり症といいます。

分離症になったからといって必ずすべり症に移行するのかというとそうではありません。

またすべり症では腰椎が分離していなくても椎間板の老化による不安定性が原因で

すべってしまうことを変性すべり症といいます。

 

腰椎分離・すべり症の原因

腰椎分離・すべり症は先天性(うまれつき)のものと後天性(生活環境によるもの)とに

わかれます。先天性のものは椎体や椎弓の形が生まれつき正常ではないために

高度なすべり症になることが多いです。

後天性のものはスポーツを頑張っている中学生ぐらいの子に多いです。

子どものときはまだ筋肉が十分に発達していません。

その時期に部活などで急激に運動量が増えることで疲労骨折という形で

分離症になってしまいます。

この分離症は第5腰椎によくみられます。5番目の腰椎は腰椎の中で最も下にあり、

衝撃などのストレスがかかりやすいのです。

 

主な症状

運動を活発に行っている中学生ぐらいのお子さんが腰が痛いと訴えたら、

まずは腰椎分離症を疑いましょう。腰の痛み、または腰を後ろに反らせると痛みが

強く出てきます。まれに足にまで痛みやしびれを伴うこともあります。

痛みの質としては重いような鈍痛になります。

 

検査と診断

レントゲンによるX線検査で簡単に診断ができます。

画像検査による結果と痛みが必ず一致するとは限りません。

成人の場合は学生時代に分離症と診断されたまま骨折線がくっつかないままの状態

人もいます。分離しているのに痛みがなかったりすることもあります。

 

治療

スポーツしている学生で痛みが強く出ている時には運動を少し控えます。

この休んでいる期間に体幹の筋力トレーニングをしっかりと行います。

そうすることで腰椎を支える力が安定し、すべり症に移行させないようにします。

腰椎を支える筋力が弱い時期にはコルセットを代用して負担を減らします。

その他にも下肢の調整や骨盤の調整を行うことで復帰後の怪我の再発を防ぎます。

大体が保存療法により回復していきますが、すべりがひどく症状がきついものに

対しては手術を行うこともあります。

不安定になっている椎体同士を脊椎固定術とよばれる方法でつなぎます。

なるべく保存療法で治していきたいですが・・

 

腰椎分離症は腰痛をきっかけにわかることが多いので、症状が軽いのであれば

それほど気にする必要はありませんが、体幹のトレーニングを正しい方法でしっかりと

行う必要があります。すこしでも痛みや違和感があればご相談くださいね^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。