ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

毎日の生活の中で、もしかしたら腰痛の原因になってしまうことを

してしまっているかもしれません。

次にあげるようなことは腰痛を引き起こす原因になるので注意しましょう!

fotolia_77433927_subscription_monthly_m-1024x683

 

1.重い荷物をよく持つ

重いものを持つとなぜ腰痛になるのでしょうか?

例えば10キロのお米を持ったとします。

体重は単純に10キロ増えたことになります。が、それを支える筋肉の量は

同じなんです。つまり筋肉や関節にかかる負担が大きくなるからなんです。

 

2.常に同じ姿勢でいる

これもよくあることで何回もいっていますが、姿勢を変えないということは

かなりの負担です。椅子に座ってパソコンしてる状態で1時間動かずにずっと作業すると

ほとんどの方が腰が痛くなります。

それは動かないと筋肉が固まった状態で血液を供給できなくなり、疲労物質が溜まって

しまうからです。

 

3.身体を冷やす

人間が身体を冷やしたほうがいい時は、炎症を起こしている場合か

熱中症などで身体から熱を逃がしたい時だけです。

この2つ以外は必ず温めたほうがいいんです。

なので冬や夜眠るときなどは身体を冷やさないようになるべく注意してください。

 

4.運動習慣がない

仕事以外に運動習慣がない人。筋力低下からくる腰痛もかなり多いんです。

正しい運動方法を行うことでしっかりした筋肉が身体につき腰痛も感じにくくなります。

 

5.ハイヒールなどのかかとの高い靴をはく

かかとの高い靴は骨盤の位置が変わってしまい腰痛になりやすい姿勢となります。

可能な場合はなるべく低いものを選ぶようにしましょう。

 

6.睡眠不足

人間の身体は寝ている時に身体を回復させるのです。

成長ホルモンが分泌されることで回復したりするんですが、睡眠は6時間以上は

とるようにしてください。毎日睡眠不足だと疲労が積まれていきます。

 

腰痛の原因となるものをあげてみました。

すべて生活習慣を見直すことで改善される腰痛ばかりなんです。

仕事などでそういう姿勢を避けられない方はその疲れととるためのケアを怠ると

腰痛になってしまいますので気を付けてくださいね^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。