ブログ blog

茨木市・南茨木の茨木はなおか整骨院の花岡です。

 

腱鞘炎(けんしょうえん)ってご存知でしょうか?

みなさん一度は耳にしたことはあるはずです。

今日はその腱鞘炎についてお話します。

 

腱鞘炎とは?

上腕二頭筋(力こぶ)の筋肉を触りながら、下に下っていくと筋肉が細くなり硬いひも状の

ものが触れます。これを腱といいます。

arm muscle

図の赤いのが上腕二頭筋(力こぶ)で、上下の白いのが腱になります。

 

この腱は腱鞘というトンネルの中を通っています。

この腱と腱鞘の間で炎症が起こることを腱鞘炎と呼びます。

 

腱鞘炎の原因とは?

手の使い過ぎによる腱と腱鞘の機械的な摩擦です。

手をよく使う人がなりやすく、腱鞘炎は更年期の女性に圧倒的に多いんです。

 

女性ホルモンの「エストロゲン」が減ることによってなりやすくなります。

そして女性は男性に比べると筋力が弱い。これもなりやすい原因です。

 

なってしまうと水道の蛇口をひねるのが痛かったり、雑巾がしぼれない、

物を持ち上げたりした時に痛みが出るようになります。

 

腱鞘炎の好発部位は、ばね指といって手のひら側のこの部分に痛みを感じます。

e6898b3

下の手首の方では、ドケルバン病といって腱鞘と腱が炎症を起こしやすい場所です。

ドケルバン病で代表的なのが、フライパンを持ち上げる動作で痛みが出ます。

 

その他にも指が伸ばしにくいなどの症状があります。

 

腱鞘炎の治療

腱鞘炎の治療では、安静にしてなるべく手を使わないようにすることです。

炎症が強い時期にはアイシングで冷やし、抗炎症剤などで様子を見ます。

前腕の筋肉をほぐしたりするのも良いです。

 

治療としては安静にするのが一番です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。