腰痛についてkoshi

こんな症状ございませんか?

  • 腰の痛みが気になるけれど、病院に行くのは躊躇している
  • 腰が痛む時と、痛くない時がある
  • お尻や足の痛みも感じる
  • 病院で異常なしと言われたけれど、腰の痛みが気になる
  • 太ももやふくらはぎに痛みやしびれがある
  • 洗顔をするときに、前にかがめない
  • 身体を後ろに反らすと、腰に痛みが走る

腰痛に対する当院の治療

あなたの腰痛を引き起こしている原因を問診・検査によって探り出し

その原因に対して手技療法でアプローチして整えていきます。

背骨や骨盤などの骨格の歪みからくるもの、筋肉の異常、また内臓からくる腰痛なのか、その人によって原因は様々です。

人間には良くも悪くも「戻る力」というものが存在していて、身体が痛みの出ている状態に

慣れてしまうと、その状態と維持しようとしてしまいます。

当院の施術により痛みを取り除くことはもちろん、その先に痛みの出にくい身体になるよう健康的な状態に戻していきます。

バキバキと鳴らすような施術はせず、機械まかせの施術も行いません。

あなたの症状に合わせた最適な強さで施術を行いますのでご安心ください。

腰痛はなぜおこるのか?

腰痛の原因は多岐にわたっており、一言で原因を言い切ることが難しく、腰痛の85%は原因不明といわれています。

ぎっくり腰の場合は、腰を支える靭帯(じんたい)や筋肉に急に負担がかかり、断裂を起こし、それが神経を刺激する痛みと言われております。ちょうど強い捻挫(ねんざ)を起こしたのと同じ状態なので、腰の捻挫ともいわれます。

病院でヘルニアと診断された場合、症状が解消しないと思われているケースもあります。ヘルニアが起こる根本的な原因は腰の骨の反りがなくなることで、姿勢や日常生活の動作が関係して起こることが多いといわれております。しかし、ヘルニアがあるのに全く痛みがないというパターンもあります。

また、慢性的な腰痛の場合、日常生活の姿勢や運動不足に原因があるケースや、実は食生活が大きく影響しているケース、肥満が原因で体のバランスが悪くなっている、過度なデスクワークによるケースなど・・・、一言に腰痛と言っても原因はその人それぞれなのです。

日々の日常生活のなかで気づかないうちに痛みが蓄積されていることが多く存在します。軽度の腰痛をほったらかしていると、悪くなることはあっても、良くなることはなかなかありません。さらに言うと、その日々の蓄積が慢性的な痛みに発展するケースもあれば、ふとした瞬間に腰に大きな負担がかかり、ぎっくり腰になることもあるわけです。
腰に不調を感じたら、できるだけ早めにご相談いただくことが適切だと思われます。

当院では様々な原因からくる腰痛を一つ一つ細かく検査し、最短でよくなる施術を提供させていただきます。

腰に関する主な疾患名

腰椎症
(ようついしょう)

症状:腰の骨が変形した痛み

腰椎は、年齢を重ねるうちに徐々に変形していきます。腰椎の変形によって生じた腰痛を腰椎症といいます。

腰部脊柱管狭窄症
(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

症状:腰足が痛くて歩けない

中高年ぐらいになると、背骨の変形が強くなり脊柱管を圧迫してしまうことがあります。そのことを腰部脊柱管狭窄症といいます。

腰椎椎間板ヘルニア
(ようついついかんばんへるにあ)

症状:腰が痛く足がしびれる

椎間板は繊維輪と髄核で出来ていて、髄核が卵の黄身のように繊維を破って外に出てきます。それが、神経を圧迫して症状が出てきます。

急性腰痛症
【ぎっくり腰】(きゅうせいようつうしょう)

症状:腰が痛く歩くことも困難

ぎっくり腰とは、重い物を持ったり、体をねじったり、顔を洗おうとして腰をかがめたりした時に、急に腰に痛みを覚え動けなくなることを言います。

坐骨神経痛
(ざこつしんけいつう)

症状:下半身に痛みやしびれ

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアとも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

肋間神経痛
(ろっかんしんけいつう)

症状:物を持ち上げる時に痛みが現れる

肋間神経痛とは、肋骨に沿って走る神経が何らかの原因で痛む症状のことです。その原因は不明なものが多く、あくまで症状であり、病名ではありません。

腰痛は茨木はなおか整骨院におまかせください!

一言に腰痛といえども原因も症状も様々です。どの動作で痛むのか?シビレはあるのか?痛む部分は上のほうか下のほうか?

日々の生活習慣で腰に負担をかけていないか?など、このほかにも細かく問診していくことにより、腰痛の根本原因が何であるのかをつきとめることができます。

また腰痛では、レントゲンで異常がみられないのに痛みがある。といったことがよく起こります。

その反対に、椎間板ヘルニアがレントゲンで認められるのに、痛みの原因がそのヘルニアではないこともあります。この場合、画像診断だけに頼ってしまうと、原因が正しくつかめず、腰痛が治せなくなってしまいます。これが整形外科で腰痛が治せない一因になっているのです。かなり高度になった画像診断ですが、痛みの根本原因となっているものと画像診断で異常がみられるものとは一致しないのです。

茨木はなおか整骨院では、問診により明らかになった原因をさらにより正確につきとめるため、それぞれのタイプに特有に見られる圧痛や筋硬結を細かく触診し、痛みの原因となっている部分をピンポイントで探し当て、その部位に合った治療法を選択していきます。

その結果、今まで整形外科や接骨院、あらゆる治療院などでは治らなかった腰痛でも劇的に改善が望めます。

3年以上よくならない腰痛があるのであれば、是非ご相談ください。

患者様の声

学生時代からの腰痛が改善しました

中谷様 (枚方市) 症状:腰痛

学生時代にバスケをしていた時に腰を痛め、慢性的な腰痛になっていたが3回の施術で痛みが気にならなくなりました。

腰痛で杖をついて歩いていたけど、今では痛みもなく歩けます

植野様 (茨木市) 症状:腰痛

腰痛で整形外科へ行き、椎間板ヘルニアといわれ痛み止めの薬とシップ、注射などを半年続けるが良くならず、その後も3軒通うが変わらなかった。
当院に来てからは痛みが取れていき、杖を使って歩いていたのも杖が必要なくなり、今では全く腰痛はなく生活できている。

椎間板ヘルニアの痛みとしびれが良くなりました

金谷様 (吹田市) 症状:腰痛

荷物を持ちあげた時に腰に激痛が走り、右足のしびれと筋肉が細くなって階段をのぼるのにも苦労していて、病院で電気や牽引をしても変わりませんでした。

  

ぎっくり腰で薬を飲んでもよくならない痛みがなくなりました

小西様 (茨木市) 症状:ぎっくり腰

2回目のぎっくり腰で病院に行き、痛み止めの薬を飲んでも変わらなかった腰の痛みが施術を何回か受けていく内に楽になり、今では痛みがない状態になりました。

患者様の写真

ありがとうございました。

【お住まい】    大阪府茨木市

【性別(年齢)】    男性(20代)

腰痛が昔からあり、今まで電気をあてたりしましたが全く良くなりませんでした。
腰痛専門と書いてあったのでなんとなく診てもらいましたが、
一回で体が軽くなった感じがしたのと、
腰のだるさが消えました!
腰痛の方は一度行ってみてください。

患者様の写真

腰痛(._.)

【お住まい】    大阪府茨木市

【性別(年齢)】    女性(30代)

今まで色んな整骨院で治療を受けてきましたがあまりよくならなくて困っていたのですが、ここでラジオ波というので治療をしてもらったら調子良くてしばらく通ってみようと思います(^^) 腰痛でお悩みの方は一度行って見られては?!

患者様の写真

綺麗な整骨院

【お住まい】    大阪府茨木市

【性別(年齢)】    女性(30代)

清潔で綺麗な整骨院なので女性の方でも気軽に通えるような場所で仕事帰りにも簡単にいけます。気遣いのできるスタッフさんばかりで気持ちよく治療を受けることができました。腰痛に悩まされていたのですが痛いところを正確に治療してくださるので身体が楽になりました。