産後の骨盤矯正pelviscorrection

茨木はなおか整骨院の産後の骨盤矯正

  • 腰痛、股関節痛、尿もれなどが改善しやすくなる
  • 後陣痛が早くおさまりやすくなる
  • 体重が元に戻りやすい
  • お尻の形が良くなる
  • 妊娠や出産で消耗した体力のスムーズな回復

なぜ産後の骨盤矯正は必要なのか

骨盤は全身の中心にあり、上は背骨、下は股関節につながっていて、全身を支える土台のような役割をしています。腸や子宮、内臓を包み込むような形をしており、腸骨や仙骨、恥骨などが組み合わさって成り立っています。また、骨盤の内側には生殖器があり、生理や出産も骨盤と深く関わっています。骨盤は、上半身とも下半身とも繋がっており、全身に影響を及ぼすような重要な身体の一部なのです。産後の骨盤の歪みをそのままにしておくと、体にさまざまな不調を引き起こします。腰回りや足の付け根部分に痛みが現れることがありますが、これは、骨盤が歪むことで、その周囲を走っている神経が骨盤に触れたり、圧迫されたりして起こります。また、胃や腸などの内臓が下がって胃腸の働きが悪くなることがあり、内臓が冷えたり胃がもたれやすくなったり、便秘になりやすくなったりといったことが起こります。血流が滞り代謝が悪くなって腰周りや太ももに脂肪が溜まり易くなります。これがいわゆる「産後太り」の正体で、腰周りや足先の冷え性の原因になったりします。骨盤の歪みが、姿勢を歪めたりや血流・代謝を悪くしたりすることで、自律神経の働きが乱れてしまうことがあります。自律神経の働きが乱れてしまうと、十分寝ているのに体がだるかったり、のぼせやほてりを感じたりします。時には、精神的に緊張が続き、わけもなく不安を感じるなど、情緒不安定の原因になることもあるのです。また、おしっこの蛇口の役目をする「骨盤底筋」が緩んでしまい何かの勢いでおなかに力が入ると漏れてしまう「尿漏れ」に悩まされる女性も多くいます。快適な生活と子育てのために産後の骨盤矯正は必要です。

産後の骨盤矯正で今までの悩みを解消しましょう

産後の骨盤は、赤ちゃんを体の外に出すために、下半身が大きく緩んでいる状態になっています。
出産を終えて、骨盤まわりを緩めるホルモンの分泌が終了すると、骨盤は徐々に元の形に戻ろうとします。このときに、不自然な体勢を続けてしまったり、無理な運動をしたりすると、骨盤が歪んでしまい、マイナートラブルや産後太りにつながってしまいます。
ですが裏を返せば、この骨盤周りが柔軟な時期に正しい骨盤ケアをすれば、もともとの腰痛や冷え性などのトラブルを改善できる可能性があるということ。そのためにも、産後の正しい骨盤ケアを知っておくことがとても大切になってきます。