坐骨神経痛治療sciatica

茨木はなおか整骨院の坐骨神経痛治療

  • お尻から足へ電流が流れるような感じがする
  • 正座をしたあとのようにリピリ痺れる
  • 痛くはないが、じわっとするような感じ
  • 歩いているとだんだん痺れてくる
  • 長時間座っていると痺れてくる

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因となる主な疾患は、同じ姿勢(とくに中腰や前かがみなど)を長時間続けたり、急に重たい物を持ち上げたりした時に、発症する危険性がある「腰椎椎間板ヘルニア」、 先天的な原因(生まれつき脊柱管が狭い、弱い)の場合もありますが、多くは加齢によって腰椎が変化し、脊柱管が狭くなってしまった為に起こる「腰部脊柱管狭窄症」、腰椎の形が変形し、神経を圧迫して腰に痛みや足のしびれを起こす「変形性腰椎症」です。
しかし、腰痛の原因の85%は分からないといわれています。坐骨神経痛になる原因は大きく分けて「骨格のゆがみ」「筋肉の緊張」「内臓の疲労」の3つがあります。「骨格の歪み」は、背骨・骨盤・股関節・頸椎、「筋肉の緊張」は、腰周りの筋肉、股関節周りの筋肉、お腹周りの筋肉、「内臓の疲労」は、主に腎臓、肝臓が大きく関係しています。

坐骨神経痛の主な疾患名

根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛(こんせいざこつしんけいつう・ようつうせいざこつしんけいつう)

坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みがおこるタイプの神経痛。椎間板ヘルニアが原因となっているケースが多い。

梨状筋性坐骨神経痛(りじょうきんせいざこつしんけいつう)

お尻の筋肉である梨状筋による神経圧迫によって起こるもの。

患者様の声

肩こり、坐骨神経痛の痛みを感じる頻度が減りました

原田様 (茨木市) 症状:肩こり、坐骨神経痛

肩こり、坐骨神経痛で整骨院や鍼灸院、整形外科に行き 痛みが変わらず元に戻る状態を繰り返していましたが、ここで施術を受けてからは痛みを感じる頻度が減り、良くなってきています。