スポーツ障害sports

茨木はなおか整骨院のスポーツ障害

  • 大切な試合前にケガをしてしまった。
  • プレー時、競技時に痛みを伴う箇所がある。
  • 筋肉疲労がなかなか抜けない。
  • 捻挫がクセになっている。
  • 試合が近づいているので、コンディションを上げておきたい。
  • 持っている力を最大限発揮したい。
  • 痛みを取り除き、スポーツをもっと楽しみたい

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、同じ動作を長期間繰り返し行うことによって、ある特定の部位を痛めてしまうことです。テニス肘、疲労骨折、野球肘、ランナー膝、シンスプリント、アキレス腱炎などが挙げられます。スポーツ障害は医学的には”使いすぎ症候群”と言われ、身体を酷使することで発生する疾患で、成人だけでなく成長期の子どもにもよく起こる障害です。スポーツ障害は早期に対処しないと重症化して、関節が変形したり骨が分離したまま直らなかったりと、日常生活に支障を生じることがあります。
スポーツが上手くなるには、野球ならバッティング練習といったことを行えば、上手くなると思われています。確かにそうした練習をしない限り、高い技術は身に付かないでしょう。しかし、もしスポーツ障害になったとすれば、今までやって来た練習の何かが、間違っていたということで、それに気が付かなければなりません。スポーツ障害の原因は、練習量、練習メニューや練習の仕方、トレーニング、フォームや体の使い方、間違った考え、ストレスなどが主な原因です。茨木はなおか整骨院では、患者様のでこれまでの悪いクセに気づき動作を修正していくお手伝いをさせていただきます。

茨木はなおか整骨院でよくある症状

首の症状

ストレートネック、頚椎ヘルニア、むち打ち

肩・肘の症状

野球肩、水泳肩、インピシジメント症候群、野球肘、テニス肘

手の症状

突き指、バネ指、橈骨神経まひ、腱鞘炎など…

腰や背中の症状

坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニア、ぎっくり腰

足の症状

足首捻挫、ランナー膝、シンスプリント、鵞足炎など

様々な部位の症状

筋肉痛、肉離れ、疲労骨折など