ラジオスティムstim

ラジオスティムの治療効果

筋肉や脂肪層まで奥深く届くラジオ波(0.3~0.5MHz)という高周波によって、体内の水分や細胞分子などを振動させてジュール熱(摩擦熱)を発生させ、体全体の温度を内側から上昇させることで代謝が活性化します。これにより手技では届かない体の深部の頑固なはりや凝り、痛みといった筋緊張を効率よく 治療、改善することができます。特に、施術スタッフが患者さまにストレッチを行わせる動作と連動して疾患部位に施術することで、より効果が期待できると言われています。

こんな方におすすめ

  • 慢性的な肩こりや腰痛がある
  • 生活習慣病の予防がしたい
  • 寝違いで首が動かせない
  • ぎっくり腰になって腰の曲げ伸ばしがつらい
  • ケガから早期回復したい
  • 代謝を良くしたい
  • 電気のピリピリ感が苦手

ラジオスティムの美容効果

フィジオラジオスティムはラジオ波による高周波温熱治療器ですので、一般的なエステ・美容業界で使用されている温熱治療の機械と同じ仕組みです。毎秒30万~50万回の振動が自身の細胞をこすり合わせることにより生まれる熱(ジュール熱)で脂肪を燃焼します。効果は脂肪の燃焼だけでなく、基礎代謝がアップすることから、冷え・むくみ・女性特有の疾患の治癒も期待できます。

こんな方におすすめ

  • ダイエットに成功したことがない
  • 顔のたるみやくすみが気になる
  • 年々太りやすくなった
  • むくみが気になる方
  • 生理痛や月経前症候群を改善したい
  • 冷え症で悩んでいる

ラジオスティムで改善可能な症状

トップアスリートをはじめとし、痩身などの美容目的や体質改善、腰痛や肩こりなどさまざまな症状・疾患に高い効果が実証されています。

首の症状
急性頚部痛(寝違い)
外傷性頚部症候群(むち打ち損傷)
頚部椎間板ヘルニア
頚椎症
頸椎椎間孔狭窄症 など

肩の症状
肩関節周囲炎(五十肩)
肩関節不安定症
肩手症候群
腱板損傷
石灰沈着性腱炎
投球障害(肩)
頚肩腕症候群(肩こり) など

腰の症状
腰部脊柱管狭窄症
急性腰痛症(ぎっくり腰)
坐骨神経痛
腰椎症
腰部椎間板ヘルニア
筋膜性腰痛
仙腸関節性腰痛 など

膝の症状
大腿四頭筋腱付着部炎(ジャンパー膝)
膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
鵞足炎
腸脛靭帯炎
変形性膝関節症(膝OA)
オスグッド・シュラッター病 など