茨木はなおか整骨院
茨木はなおか整骨院バナー

ブログ blog


出産後に体重の増加や、元の体型に戻らないと訴えられる女性は少なくありません。その多くに骨盤が関係していると考えられています。

ただ、むやみに骨盤をベルトで絞めても逆効果の場合がありますし、無理な食事制限は母乳にも影響を及ぼします。そこで、産後の体型を戻すのにおすすめの体操を3つご紹介します。

産後骨盤矯正におすすめの体操をご紹介する前に、そもそも産後骨盤矯正とはなんなのかについて理解しておくことが重要です。なぜなら、産後骨盤矯正は施術であって、魔法ではないからです。

産後骨盤矯正の目的


最初に、産後骨盤矯正の目的について解説したいと思います。なぜ産後骨盤矯正が必要で、どのような効果が得られるのでしょうか。

不調を改善する

産後骨盤矯正の最大の目的は、出産後に現れるさまざまな不調を改善することにあります。妊娠・出産期にはこれまでに経験したことのない負荷が身体にかかります。

また、出産後は育児に追われ、身体の回復力が著しく低下します。その時期に現れるさまざまな不調を、産後骨盤矯正によって改善する訳です。

体型を元に戻す

産後骨盤矯正のもう1つの目的が、体型を元に戻すことです。出産後の女性がよく訴えられることとして「出産前に履いていたパンツが履けない」「体重が元に戻らない」というものがあります。

妊娠中はどんどんお腹が大きくなってくるため、それに応じて骨盤を始めとした全身のバランスを自分なりに調整しているものです。

ただ、いきなりお腹が10キログラム前後も軽くなってしまうと、骨盤や全身のバランスが崩れてしまい、それが体型の悪化を招きます。そこで、産後骨盤矯正をおこなうことで、バランス状態の改善をサポートする訳です。

身体の回復力を高める

身体の回復力を高めることも、産後骨盤矯正の目的の1つです。骨盤や首は自律神経の働きと関わっており、首や骨盤周囲の筋肉が硬くなることで、自律神経のバランスに悪影響を与えます。

産後骨盤矯正というと、骨盤をボキボキするイメージがあるかもしれませんが、多くの骨盤矯正は、骨盤周囲の筋緊張を緩和することで、骨盤を理想の位置へと導いていきます。

また、骨盤と頭のバランスを整えるため、首の筋肉を調整する施術所も少なくありません。それによって、身体の回復力向上を目指すのです。

体質改善を目指す

実は、出産後は体質を改善する一大チャンスでもあります。なぜなら、先述したように骨盤や首周りが自律神経の働きと大きく関わっているからです。

自律神経とは私たちが意識しなくても勝手に働いてくれている神経を意味しますが、ストレス社会と言われる現代では、自律神経のバランスが乱れやすくなっています。

その結果、花粉症を始めとしたアレルギー疾患や、病院で検査をしても原因が分からない肩こり、腰痛、頭痛などの症状が増えています。

また、骨盤のバランスが乱れることで、お腹の筋肉や腸が硬くなると、女性に多く見られる悩みである便秘や生理痛のリスクも増します。

そういった悩みを、出産後は解決に導くチャンスなのです。なぜなら、出産後の女性のお身体は、良い影響も悪い影響も受けやすい状態にあるからです。

産後骨盤矯正のウソ!ホント?


インターネットや雑誌の特集を見ていると、産後骨盤矯正があたかも「魔法のような」施術であることを謳っているケースも少なくありません。そこで、医学的に見た場合の、産後骨盤矯正に関する見解をご紹介したいと思います。

産後骨盤矯正で痩せることはない

始めに残念なお知らせですが、産後骨盤矯正によって痩せることはありません。産後骨盤矯正に限らず、骨盤矯正をおこなったからと言って基礎代謝が上がることはありませんし、脂肪が燃焼することもないからです。

産後骨盤矯正によって向上するのは新陳代謝であり、基礎代謝ではありません。また、いくら骨盤を動かしても、マッサージをしても、施術を受けている方の脂肪が燃焼する訳はないのです。

産後骨盤矯正に期待できるのはあくまでも体型の改善です。言いかえれば、「見た目痩せ」であれば期待できるということです。

猫背の方よりも、背筋がピンと伸びている方の方が、溌剌としてスラッと見えるのではないでしょうか。産後骨盤矯正はそのような状態を目指すためにおこなわれているのです。

骨盤を締めることにそれほど意味はない

産後骨盤矯正の宣伝でよく聞かれるのが、骨盤を締めて体型を元に戻すというものです。確かに出産にともなって骨盤は開きます。

ただ、開いた骨盤は、出産後速やかに元に戻っていきます。なぜなら、骨盤が開いたままでは、歩くこともままならないからです。

出産後に骨盤ベルトを締めるケースもありますが、股関節の可動域を狭めてしまい、結果として股関節痛や腰痛を招くケースも散見されます。

体重は勝手に戻っていくものである

産後半年以内に産後骨盤矯正をおこなうと、体重が元に戻りやすいと説明されることがありますが、そもそも、育児をしていると勝手に体重は減っていくものです。

母乳は白い血液などと言われることもありますが、出産後のお母さんは栄養を母乳に代え、赤ちゃんに与えている訳です。

また、生まれたばかりの赤ちゃんには朝も夜もなく、お腹が空いたと言っては泣き、眠くなったと言っては泣きます。そのたびにお母さんの睡眠は途切れることとなります。そのような生活をしていると、勝手に体重は減るものなのです。

産後骨盤矯正によって痩せたという体験談も見られますが、それは、体重は勝手に減っていく時期に施術を受けただけのことです。

産後骨盤矯正におすすめの体操3選


ここまでの解説で、産後骨盤矯正の目的や、その真実についてご理解頂けたことと思います。では次に、産後骨盤矯正におすすめの体操を3つご紹介します。

スプリットスクワット

スプリットスクワットは、通常のスクワットとは異なり、足を前後に開いておこなうタイプのスクワットです。通常のスクワットよりも負荷が小さいので、筋力の弱い女性にもおすすめですよ。

  1. 足を大きく前後に開く
  2. 両ひざを曲げながら上体をまっすぐ下におろす
  3. 前の太ももが床と平行になったら元の姿勢に戻る
  4. 反対側も同様におこなう

最初は10回程度から始め、慣れてきたら回数を増やすとい良いでしょう。この体操によって下半身痩せ効果や、姿勢をよくする効果が期待できます。

直立してひざを曲げる体操

直立してひざを曲げる体操は、ハムストリングスの強化のためにおこないます。ハムストリングスの筋力が低下すると、ひざにかかる負担が増し、結果として骨盤のバランスを崩してしまいます。

  1. 壁などに向かって立つ
  2. ひざが前にスライドしないよう壁にくっつける
  3. かかとをお尻の方へ挙げる
  4. 10回したら反対側も同様におこなう

この体操は、前十字靱帯断裂から回復するためのリハビリでもおこなわれていますが、やってみると思った以上にキツイものです。無理をせず地道に続けることがポイントです。

骨盤底筋群の体操

出産後に弱くなりやすいのが、骨盤の底にハンモックのように横たわる骨盤底筋群です。この筋肉が弱くなると、尿漏れのリスクが高くなることで知られています。

  1. 布団やヨガマットに仰向けに寝る(両手はお尻の横)
  2. 肩幅程度に両足を開いて、ひざを90度に曲げる
  3. おへそを天井に向けるようなイメージで、息を吸いながらお尻を上げる
  4. お尻から肩まで一直線になったら5秒間静止
  5. 息を吐きながら元の姿勢に戻す
  6. 最初は5回から、慣れてきたら回数を増やしていく

この体操をおこなうことで、骨盤底筋群を始めとした骨盤周囲の筋肉や、太ももの内側の筋肉を鍛えることが可能となり、骨盤バランスの安定や、下半身痩せが期待できますよ。

産後骨盤矯正なら茨木はなおか整骨院へ!

産後骨盤矯正の方法はいろいろあるのですが、最大の障壁が「継続すること」ではないでしょうか。茨木はなおか整骨院では、産後骨盤矯正の施術だけではなく、自宅でできる簡単なエクササイズもアドバイスしています。

「体重がなかなか戻らない」「自分だけではどうしようもない」という方は、ぜひ一度、茨木はなおか整骨院までご相談くださいね。

まとめ

産後骨盤矯正をおこなうと、みるみる痩せるようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかも知れませんが、常識で考えてそのようなことはあり得ません。

あくまでも産後骨盤矯正は、不調の改善や身体の回復力を高めるためにおこなうものです。また、体重よりもっと重要な体型を改善するのに、産後骨盤矯正は有効です。医学的根拠に基づいた産後骨盤矯正をご希望の方は、ぜひ当院までご連絡くださいね。

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。