ブログ blog

PAKU6329_TP_V

腰から足にかけて痛みやしびれが現れる坐骨神経痛ですが、症状がかなりきついので

なんとかして早く治したいですよね?自分でも身体を動かした方がいいのだろうか…

 

坐骨神経痛がある時に運動してもいいのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

このような時は2つの考えがあって迷ってしまうことがあります。

 

・痛みやしびれがある時は、身体を動かすと更に悪化してしまうから安静にしておいた方がいいだろう。

・安静にしすぎても筋力が落ちて治りが悪くなりそうだから、痛くても運動するべきだろう。

 

これはどちらも正しくもあり、間違っています。

というのも、坐骨神経痛では運動をした方がいい時があれば、安静にしておいた方がいい時もあるからです。

状況によって対応が変わってくるということですね。

 

そこで今回は坐骨神経痛があるときに運動するべき時や安静にしておく時についてや、

運動をする時にはどのようなものがいいのかなどについて解説していきたいと思います。

運動するべきかどうか迷っているという方はこの記事をご覧ください。

 

 

坐骨神経痛で運動しないほうがいい時

tsuchimoto0I9A6494_TP_V

坐骨神経痛の痛みやしびれの程度が強く、痛み止めを飲みたくなるぐらいの時には運動しないほうがいいです。

というより、運動する気にはなれないと思いますが・・

硬くなった筋肉が原因で坐骨神経痛が出ている場合は、運動による負荷をかけることで今以上に

痛みやしびれが悪化してしまう可能性があるからです。

基本的に痛みが強く出ている時は炎症を起こしていることがありますので、そのような時にはまず安静にすることが

第一になります。

 

 

坐骨神経痛で運動してもいい時

tsuchimoto0I9A6548_TP_V

完全に坐骨神経痛による痛みが消えるまで安静にしたほうがいいと考える方も多いですが、

少しの痛みが残っているという程度なら徐々に運動を取り入れていくことがいいでしょう。

どのぐらいの痛みかというと、1番痛い時のレベルが10とすると、半分の5以下になってきた時が運動を

開始してもいい目安になります。ただここで注意しておきたいのが、どんな運動をするのかということと、

どの程度運動すればいいのかということです。

程度や方法を間違えると、良くしようと思っているのに余計に悪化してしまうなんてことになります。

次に、どのような運動をすればいいのかについて解説していきます。

 

 

坐骨神経痛で行うべき運動

161007-180_TP_V

運動を始める時期は痛みの強さが半分以下になってきたかなと感じる時です。

そんな状態になったらこのような運動を取り入れることで坐骨神経痛の再発を防いでくれます。

 

 

ストレッチ

痛みが落ち着いてきたこの段階で徐々にストレッチと行っていきましょう。

自分で行うストレッチは無理をしないようにゆっくりと行うようにしてください。

いろいろなストレッチがありますが、坐骨神経痛におすすめのストレッチを1つご紹介しておきます。

このストレッチはお尻の筋肉に対するストレッチになります。

IMG_5331

上の写真のように片方の足をもう片一方の足にかけます。

伸ばしたい方の足をかけるようにしてくださいね。写真では左足をかけていますので、左の殿筋がストレッチされると

いうことになります。この時注意したいのは痛みが起きないようにゆっくり行うことと、足をかけるときにもう片一方の

足を伸ばし気味にした状態でかけることです。こうすることでストレッチの強度を調節することができます。

何度も言いますが、本当にゆっくりと行ってください。

 

 

ウォーキング

ウォーキングは運動強度としてはそこまで強くありません。ですが、坐骨神経痛がある場合にはこのぐらいの運動

で十分です。まずは短い距離から歩くようにしましょう。

歩いている時に坐骨神経痛が出てきたりする場合は、中止してください。

これもストレッチと同じで最初は短い距離から徐々にはじめて行きましょう。

5分あるいても痛みが出なければ、10分歩いてみるという具合です。

もし痛みが出なかったとしても、この時期の運動は20分~30分程度に留めるようにしましょう。

 

 

坐骨神経痛があるときに運動しても大丈夫? まとめ

PAKUIMGL9508_TP_V

坐骨神経痛がある時に運動すべきかどうかについて解説してきました。

痛みやしびれが強い時期は運動はやめて安静にするようにしてください。

この時期には安静にしているだけでは、治りが悪いので治療を並行して受ける事が早い改善に繋がります。

そして、痛みの強さが半分以下になってきたときに、ストレッチやウォーキングを取り入れていきましょう。

この運動をする時に筋トレなどの激しい運動は間違ってもしないようにしてくださいね。

まずは軽い運動から始めていくことがなにより大切です。

治療を受けて治したい、坐骨神経痛の強い痛みに悩まされているという方はお気軽にお問合せくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

3年以上よくならない腰痛・肩こり専門院 茨木はなおか整骨院

腰痛・肩こりでお悩みの方

著者:手技による施術のみで改善させる腰痛・肩こり治療のスペシャリスト

所持資格:柔道整復師、鍼灸師

院長花岡

自身がなにをやってもよくならない腰痛に5年以上悩まされた経験から治療家の道へ。
臨床経験を積むうちに何をしてもよくならない腰痛や肩こりで悩む人の共通点が骨盤の歪みからくると気づき骨盤を中心とした身体の研究を始める。
その後32000人以上の施術経験を積み、大阪府茨木市に3年以上よくならない腰痛・肩こりの専門院として茨木はなおか整骨院を開業。 機械を一切使わない手技による施術のみで、腰痛・肩こりの痛みをなくす大阪で唯一の腰痛・肩こりの専門家。
長きにわたって腰や肩の辛い症状で悩んでいる方の治療にあたる。治療に来られた患者さんのうち90%がリピートし、症状改善率は91.7%の実績を誇る。